荒川美奈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
あらかわ みなこ
荒川 美奈子
プロフィール
本名 荒川 美奈子[1]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市都島区[2]
生年月日 (1959-11-05) 1959年11月5日(61歳)
血液型 O型[3]
身長 167 cm[3]
職業 声優ナレーター[4]
事務所 青二プロダクション[5]
公式サイト 荒川 美奈子|株式会社青二プロダクション
活動
活動期間 1980年代 -
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

荒川 美奈子(あらかわ みなこ、1959年11月5日[6] - )は、日本女性声優ナレーター[4]大阪府大阪市都島区出身[2]青二プロダクション所属[5]

経歴[編集]

以前はぷろだくしょんバオバブ81プロデュース大沢事務所に所属していた[5]。フリーの期間を経て[5]2013年9月1日より青二プロダクションに所属[7]

死去した新山志保本多知恵子から持ち役の一部を引き継いでいる。

人物・エピソード[編集]

大阪府大阪市都島区生まれ。後に父親が兵庫県の明石市の大学病院の医師となり、兵庫県に移住。その後父親が大阪府摂津市に開業、大阪府茨木市に自宅をもうける。三人姉弟の長女。妹は福岡県で九州交響楽団バイオリニスト、弟は大阪で歯科医を経営している。聖母被昇天学院女子短期大学英語科卒業。

テレビ初出演は高校2年生「スター誕生」のゲームコーナーに出演、萩本欽一に気に入られチャンピオンになる。

同時期に日テレの「アイドル登場」の出演のため初めて上京、看板アナウンサーの徳光和夫さんに気に入られ番組中にとことん質問を浴びるが、上手くアドリブでかわす。

大学在学中に大阪のテレビ番組のラブアタックのかぐや姫で出演、素人ながらファンができるほどの人気となり、テレビプロデューサーから出演のオファーが絶えなかった。その後大阪でも人気の番組に数多く出演した。

ひらけ!ポンキッキ』の第5代目お姉さんとして活動した[2]

ジブリ映画「風の谷のナウシカ」のイベントで司会をつとめる。イメージガールの安田成美とイベントで共演した際、安田成美のマネージャーから姉妹のようだと言われ、周囲のスタッフや観客からも似ているという声が上がるほどであった。

1987年にOVA『Good Morning アルテア』の主人公アルテア役で初主演。

アニメ映画『サイボーグ009 超銀河伝説』のキャンペーンガールを務める。テレビアニメ昭和アホ草紙あかぬけ一番!』では他の出演声優である井上和彦小杉十郎太本多知恵子と4人でCHOKI!!というグループを結成し、歌やコントなどライブ活動も行っていた。井上和彦佐々木望とのコラボグループ「スーパー佐々井ブラザーズ」をプロデュースし「プライベートヒーローズ」と名付けイベントを各地で行った。その時にCDドラマ「戦え!ブラザーソルジャー」の脚本、演出、挿入歌、を担当しファンイベントを各地で行った

「戦え!ブラザーソルジャー」の挿入歌「紅蓮の炎」「戦え!ブラザーソルジャー」テーマソング、エンディングソングのCDを自宅で制作した。

井上和彦のファンクラブ運営にも携わるなどしていたが、離婚。のちに日本テレビの番組で知り合った大貫英俊(おはようスタジオおもいッきりテレビ24時間テレビニュースや情報系のTVディレクター)と結婚。

トヨタファンカーゴのCMで早口ナレーションやセリフが注目され、のちに数々のテレビ番組に出演。大阪の人気番組探偵ナイトスクープに滑舌の悪い高校生の指導者として出演をした。フジテレビめざましテレビに「早口ナレーター」として出演。

TBS 所さんの20世紀解体新書では、MCの所ジョージと毎回天の声としてアドリブを交えながら進行した。所ジョージのほか、林家正蔵、ゲストにビートたけし明石家さんま久本雅美など多くのゲストとのアドリブも評判となる。

日テレ 日本テレビ開局55周年記念番組明石家さんまに聞きたかったのはそういうコトだったのねスペシャルでは宇宙エレベーターのVTRのナレーションを担当し話題となる。

BS-TBS 激モテ!セブンティーン学園DHCのインフォマーシャル「ミットナイト放送局」という番組で桐谷美玲と共演(DHCクン役)派手な桐谷美玲氏と大阪弁をしゃべる仔犬のキャラで評判となる。

同じCHOKI!!のメンバーだった本多知恵子の没後に『それいけ!アンパンマン』のつららちゃん役を引き継いでいる。

2020年10月からyoutubeのチャンネル「アニドラ」にて「戦え!ブラザーソルジャー」のアニメを制作、井上和彦佐々木望本多知恵子小杉十郎太谷口節中田譲治岩田光央伊藤美紀愛河里花子島本須美立木文彦菅原正志富田晃介らが出演した「戦え!ブラザーソルジャーディセンデンツ」を配信中。

アニメーター羽原信義氏にキャラクターを書き下ろしてもらっている。

アニドラでは、脚本、演出、音楽、及びナレーションも勤めている。同チャンネルで「なんて残酷で美しい世界」というアニメも配信。こちらは新人の声優が参加している。

好きな色は赤。

赤い紙吹雪が好き。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1983年
1985年
1986年
1988年
1989年
1998年
2003年
2004年
2005年
2017年
2018年

OVA[編集]

1986年
1987年
1989年
1990年
1995年
  • 闇夜の時代劇 甚助の耳(瓦版屋お駒)
2003年

ゲーム[編集]

1990年代
2000年代
2010年代
  • ペルソナ5(一色若葉)
  • ペルソナ5 ザ・ロイヤル(一色若葉)

ドラマCD[編集]

吹き替え[編集]

ナレーション[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 『日本タレント名鑑(2020年版)』VIPタイムズ社、2020年1月26日、435頁。ISBN 978-4-904674-11-6。
  2. ^ a b c 荒川美奈子(あらかわみなこ)の解説”. goo人名事典. 2020年2月13日閲覧。
  3. ^ a b 青二プロダクション 荒川美奈子”. 2015年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月13日閲覧。
  4. ^ a b 荒川美奈子@meinoichi Twitter”. 2019年9月4日閲覧。
  5. ^ a b c d 荒川 美奈子|株式会社青二プロダクション”. 2019年9月4日閲覧。
  6. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』、144頁、小学館、2007年、ISBN 978-4095263021
  7. ^ 新加入のお知らせ”. 青二プロダクション (2013年9月2日). 2013年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月13日閲覧。
  8. ^ 新山は病気療養の為、降板をしていたが、発売の翌年に新山は死去した。