荒川 (荒川区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 東京都 > 荒川区 > 荒川 (荒川区)
荒川
荒川区役所(荒川二丁目)
荒川区役所(荒川二丁目)
荒川区における荒川の位置。
荒川区における荒川の位置。
北緯35度44分9.35秒 東経139度46分59.11秒 / 北緯35.7359306度 東経139.7830861度 / 35.7359306; 139.7830861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Arakawa, Tokyo.svg 荒川区
地域 三河島地域
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 32,659人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
116-0002[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

荒川(あらかわ)は、東京都荒川区中央部の町名。現行行政地名は荒川一丁目から荒川八丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は116-0002[2]

地理[編集]

広重「名所江戸百景」より。当時の「三河島村」は田園地帯で、毎年タンチョウが飛来したという。

東西に長いひし形をした荒川区の中央部に位置し、荒川区役所が所在する荒川区の地理的行政的中心部である。

地区の北を町屋、東を南千住、南を東日暮里および西日暮里、西を東尾久と接する。また地区の北東の一角を隅田川と接し、対岸の足立区と向き合うが、京成本線橋梁を除けば直近の対岸連絡橋(尾竹橋あるいは千住大橋)まで1kmほど離れている。

町域内には町工場商店街住宅が所狭しとひしめき合った混合密集市街を形成した下町的光景の見られる町並みが広がるほか、荒川自然公園や三河島水再生センターのような比較的大規模な施設が所在する。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)1月1日公示地価によれば、荒川2-21-2 の地点で40万6000円/m2となっている[4]

歴史[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
荒川一丁目 2,596世帯 4,863人
荒川二丁目 1,549世帯 2,828人
荒川三丁目 3,403世帯 6,166人
荒川四丁目 2,438世帯 4,308人
荒川五丁目 2,119世帯 3,664人
荒川六丁目 2,374世帯 4,171人
荒川七丁目 2,269世帯 4,299人
荒川八丁目 998世帯 2,360人
17,746世帯 32,659人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
荒川一丁目 1〜2番
32〜33番
40〜58番
荒川区立第三峡田小学校 荒川区立第一中学校
31番 荒川区立瑞光小学校
その他 荒川区立第六瑞光小学校
荒川二丁目 1〜3番
5番、7番
9〜20番
22〜30番
34〜41番
48〜57番
荒川区立第二峡田小学校
その他 荒川区立第四中学校
荒川三丁目 7〜10番
13〜19番
22〜79番
荒川区立峡田小学校
その他 荒川区立第三峡田小学校 荒川区立第一中学校
荒川四丁目 39〜48番 荒川区立第九峡田小学校 荒川区立第五中学校
1〜3番
16〜31番
49〜56番
荒川区立第二峡田小学校 荒川区立第四中学校
その他 荒川区立峡田小学校
荒川五丁目 1〜11番
14〜28番
35〜36番
38〜39番
29〜34番
37番
48〜51番
荒川区立第九峡田小学校
その他 荒川区立第五中学校
荒川六丁目 1〜44番
64〜70番
その他 荒川区立第四中学校
荒川七丁目 1〜4番
7〜9番
荒川区立第二峡田小学校 荒川区立第一中学校
5〜6番
10〜14番
荒川区立第五中学校
15〜16番 荒川区立第四峡田小学校
その他 荒川区立第九峡田小学校
荒川八丁目 1〜24番 荒川区立瑞光小学校 荒川区立第一中学校
25番
32〜33番
荒川区立第二峡田小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

東京メトロ
京成電鉄
東京都交通局

道路[編集]

道路

施設[編集]

行政
保育・教育
  • 荒川区立峡田小学校
  • 荒川区立第二峡田小学校
  • 荒川区立第三峡田小学校
  • 荒川区立第九峡田小学校
  • 荒川区立第一中学校
  • 荒川区立第四中学校
公園
文化

脚注[編集]

  1. ^ a b 世帯と人口 - 平成29年”. 荒川区 (2017年12月5日). 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月11日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月11日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 通学区域表”. 荒川区 (2014年5月28日). 2017年12月11日閲覧。