荒巻三之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 荒巻三之 九段
名前 荒巻三之
生年月日 (1915-03-28) 1915年3月28日
没年月日 (1993-10-27) 1993年10月27日(満78歳没)
プロ入り年月日 1937年1月1日(21歳)(四段)
棋士番号 20
出身地 東京都
師匠 花田長太郎九段
段位 九段
戦績
2017年8月21日現在

荒巻 三之(あらまき みつゆき、1915年3月28日 - 1993年10月27日)は、将棋棋士、九段。花田長太郎九段門下。棋士番号は20。東京都の生れ。

人物[編集]

1937年、プロ入り。主に居飛車を指し、力戦調の将棋が多い棋風である。

順位戦には第1期(1946年度)から参加。当時六段であったため暫定B級からスタートするが、5勝9敗でC級に降級。つづく第2期(年度)も3勝9敗で振るわなかった。

しかし、第3期(1948年度)の予選(C級2組第1組)で3戦全勝し、C級でも7勝2敗で1位の成績を収め、B級に昇級。段位は七段となる。つづく第4期(1949年度)B級順位戦では2勝6敗に終わるが、この期に限ってはB級順位戦で2勝を挙げれば降級を免れる決まりであったため、B級に残留した。

そして、第5期(1950年度)B級順位戦はA級昇級枠が3名であったが、荒巻と加藤博二斎藤銀次郎の3名が8勝4敗の3位タイで終える。プレーオフは、加藤と斎藤で1回戦を行い、その勝者と荒巻とで決勝を行うこととなった。荒巻は加藤に勝った斎藤との決戦を制し、A級八段となる。

かくして第6期(1951年度)に初のA級順位戦を戦う。名人経験者の塚田正夫に勝利する健闘を見せたものの、升田幸三大山康晴ら強豪の壁は厚く2勝6敗の成績に終わり、残留はできずに1期でB級に陥落することとなった。

第13期(1958年度)B級2組順位戦を終えたところで引退。

日本将棋連盟総務部に長く在籍。達筆であることから免状・賞状の仕事を多くこなした[1]

1993年、呼吸不全のため[1]死去。享年78。九段の段位を追贈された。

なお、荒巻の死後、加藤一二三は1998年に当初の師匠である南口繁一を逆破門し、剱持松二門に移った。剱持に師匠になってもらった理由は、加藤が剱持と懇意であったこともあるが、剱持の師匠である荒巻が、加藤と家族ぐるみの付き合いをしていた縁があったからだという[2]

昇段履歴[編集]

主な成績・受賞歴[編集]

  • 順位戦A級 1期
  • 免状執筆30年表彰(1982年11月)
  • 第11回将棋大賞(1983年度)東京将棋記者会賞

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成10年版『将棋年鑑』参照
  2. ^ 『将棋世界』1998年11月号参照

関連項目[編集]