荒巻健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

荒巻 健二(あらまき けんじ、1952年 - )は、日本経済学者。専門は国際金融日本経済東京大学名誉教授。

人物・経歴[編集]

東京都八王子市で教員一家に生まれる。のち府中市に転居[1][2][3]東京都立立川高等学校を経て[4]、1974年一橋大学社会学部卒業[5]。一橋大卓球部出身。卒業後進路に迷い[4]、1976年には一橋大学法学部卒業。同年大蔵省入省。1980年オックスフォード大学大学院修了、経済学修士[5]。留学時代にはオランダで開催された卓球世界大会に出場し、そのプレイスタイルから"カミカゼケンジ"と渾名された[4]

建設省住宅局出向を経て、1982年東京国税局町田税務署長[1]大蔵省主税局国際租税課課長補佐を経て、1987年国際通貨基金財務局エコノミスト[5]。大蔵省国際金融局開発金融課長[3]を経て、1997年から長崎大学経済学部教授に出向したのを期に、研究・教育に関心を持つようになり、大学教員への転身を決意する[2][5]

京都大学大学院法学研究科法政実務交流センター客員教授[2][6]を経て、2001年関東財務局金融安定監理官。同年京都大学博士(経済学)[5]国際協力銀行開発金融研究所主任研究員を経て[7]、2004年東京大学大学院総合文化研究科教授、財務省大臣官房[5]。2006年財務総合政策研究所次長。2007年退官、東京大学大学院総合文化研究科教授[8]

2014年から1年間サバティカルロンドン大学東洋アフリカ研究学院経済学部客員教授を務めた[5][9]。東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻長、同研究科教育会議議長等を経て[2]、2017年東京大学定年退職[2][10]。同年東京女子大学現代教養学部国際社会学科特任教授[11][5]、東京大学名誉教授[12]。この間、財務総合政策研究所特別研究官[5]等も務めた。

著書[編集]

  • 『アジア通貨危機とIMF-グローバリゼーションの光と影-』日本経済評論社 1999年 
  • “Capital Account Liberalization: Japan’s Experience and Implications for China”in Kevin P. Gallagher Capital Account Liberalization in China: The Need for a Balanced Approach Boston University 2014
  • 『金融グローバル化のリスク』日本経済新聞出版社 2018年

脚注[編集]

  1. ^ a b 町田法人会報通号35
  2. ^ a b c d e 「<送る言葉>荒巻健二先生を送る」教養学部報第587号
  3. ^ a b [1]紀伊国屋書店
  4. ^ a b c 「日本の肖像 東京大学大学院総合文化研究科教授荒巻健二☆第1回「必ずラケットを持参」」ニッタクニュース2012年1月号
  5. ^ a b c d e f g h i 「荒巻健二」財政総合研究所
  6. ^ 「荒巻健二(アラマキケンジ)」日本評論社
  7. ^ 資本取引自由化のsequencing―日本の経験と中国への示唆―
  8. ^ [2]東京大学
  9. ^ 熱心に学ぶ学生を生み出すものは何か ~日英大学生雑感~ (Ⅰ)教養学部報578号
  10. ^ 「米欧アジアの金融危機を分析し、金融グローバル化の功罪を明らかに。資料を丹念に読み解き、危機の発生と収束の真因と影響に迫る。」日本経済新聞出版社
  11. ^ 「荒巻 健二」東京女子大学
  12. ^ 「平成29年度 東京大学名誉教授」東京大学