荒平駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荒平駅
駅舎(2009年撮影、2013年撤去)
駅舎(2009年撮影、2013年撤去)
あらひら
Arahira
大隅高須 (3.9km)
(2.9km) 古江
所在地 鹿児島県鹿屋市天神町
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 大隅線
キロ程 44.9km(志布志起点)
電報略号 アラ
ホーム 1面1線
開業年月日 1923年(大正12年)12月19日
廃止年月日 1987年(昭和62年)3月14日
備考 大隅鉄道の駅として開業、1935年に国有化。
テンプレートを表示

荒平駅(あらひらえき)は、鹿児島県鹿屋市天神町にかつて設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)大隅線廃駅)である。大隅線の廃止に伴い、1987年(昭和62年)3月14日に廃駅となった。

1987年(昭和62年)の駅廃止後も、隣接する荒平天神(菅原神社)の休憩所としてホーム・待合所等がほぼ残存していたが、2013年(平成25年)初頭に鹿児島県が実施する「魅力ある観光地づくり事業」に伴う景観整備に先立って撤去された[1]

廃止時の構造[編集]

志布志起点44.9 kmに位置した無人駅。単式ホーム1面1線と側線1本を有する、列車交換不能駅であった。

有人駅時代にはホームの垂水方先端に木造の駅舎が存在していたが、無人化後に取り壊され、その跡にコンクリート製の待合所が建てられた。ホームからは海を臨むことができた。

歴史[編集]

ホーム・待合所撤去後の概観(2013年3月撮影)
  • 1923年(大正12年)12月19日 - 大隅鉄道の駅として開業、762 mm軌間軽便鉄道
  • 1935年(昭和10年)6月1日 - 国有化により、国鉄古江線の駅となる。
  • 1936年(昭和11年)10月23日 - 古江線の路線名改称により、古江西線の駅となる。
  • 1938年(昭和13年)10月10日 - 1,067 mm軌間への改軌工事完成、古江東線と古江西線を合わせて古江線とする。
  • 1945年(昭和20年)6月20日 - 休止。
  • 1947年(昭和22年)4月20日 - 復活開業[2]
  • 1972年(昭和47年)9月9日 - 志布志駅 - 国分駅間全通に伴い古江線が大隅線に改称され、大隅線の駅となる。
  • 1987年(昭和62年)3月14日 - 大隅線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
大隅線
大隅高須駅 - 荒平駅 - 古江駅

1938年10月10日の改軌以前は大隅高須 - 荒平間に金浜(1933年6月15日開設)、荒平 - 古江間に船間(1923年12月19日設置)の各停留所が設置されていた。

脚注[編集]

  1. ^ 鹿屋市議会事務局『かのや市議会だより』第28号、2013年 p.3
  2. ^ 「運輸省告示第199号」『官報』1947年4月18日(国立国会図書館デジタルコレクション)

参考文献[編集]

関連項目[編集]