荒木久美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荒木 久美 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム あらき くみ
ラテン文字 Kumi Araki
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走マラソン
所属 京セラ(現役時代)
生年月日 (1965-10-11) 1965年10月11日(52歳)
生誕地 福岡県甘木市
自己ベスト
3000m 9分06秒08 (1989年)                      
5000m 15分37秒72 (1990年)
10000m 32分04秒60 (1992年)
マラソン 2時間30分00秒 (1989年)
 
獲得メダル
女子陸上競技
アジア競技大会
1986年 ソウル 10000m
1990年 北京 女子マラソン
編集 テンプレートのヘルプを表示する

荒木 久美(あらき くみ、現姓名・窪田久美(くぼた くみ)、1965年10月11日 - )は日本の元女子陸上競技長距離走マラソン選手。福岡県小郡市出身。

佐々木七恵増田明美浅井えり子宮原美佐子らと共に日本女子マラソンの黎明期に活躍した。また全日本実業団女子駅伝や、全国都道府県対抗女子駅伝競走大会でも活躍。全日本実業団女子駅伝では80年代に山下佐知子らと京セラ女子陸上競技部黄金期を築いた。

一時期、名前を「荒木久深」と改名した時期があった。

経歴[編集]

  • 1986年10月 ソウルアジア大会の女子10000m出場、王秀婷(中華人民共和国の旗 中国)に続き33分20秒75で銀メダル獲得。
  • 1987年03月 名古屋国際女子マラソンが初マラソン、2時間37分12秒の5位に入る。
  • 1987年08月 世界陸上ローマ大会女子10000m出場、予選を通過し決勝では33分15秒08で18位。
  • 1988年01月 大阪国際女子マラソンに出走。レース序盤から浅井えり子宮原美佐子らのハイペースについていかずにマイペースを維持。その後終盤に追い上げ、長居陸上競技場へ入るゴール手前で浅井を抜き、2位の宮原に次いで2時間31分40秒の3位に入る。この成績が評価され、ソウルオリンピック女子マラソン代表となった。
  • 1988年09月 ソウル五輪女子マラソンの本番レースに出場。しかしスタート直後の転倒で太股を痛めたのが響いて、メダル&8位以内の入賞争いには加われず、2時間35分15秒の28位に終わった。
  • 1989年11月 ニューヨークシティマラソンでは、自己ベストの2時間30分00秒で4位入賞。
  • 1990年03月 名古屋国際女子マラソンに出走、2時間32分32秒で2位。
  • 1990年05月 水戸国際陸上競技大会5000mで、増田明美の記録を8年ぶりに更新する15分37秒72の日本新記録を樹立。
  • 1990年09月 北京アジア大会女子マラソンに出走、趙友鳳中華人民共和国の旗 中国)には敗れたものの2時間35分34秒で銀メダル獲得。
  • 1991年08月 世界陸上東京大会女子マラソン出場。怪我(大腿骨疲労骨折)を押しての出場で2時間38分27秒の12位だった。
  • 1992年01月 大阪国際女子マラソン出場。本命と目され、前日の記者会見では『勝ちたい』と自信をのぞかせる抱負を語ったが、レースは優勝した小鴨由水、2位に入った松野明美ら初マラソン組のハイペースを追走しなかった事が裏目に出て、逃げ切りを許してしまう。後半追い上げるも結局2時間31分14秒の10位に終わり、ソウル五輪に続いてのバルセロナオリンピック代表選出はならず。これが最後のマラソンとなった。
  • バルセロナ五輪後しばらくは10000mなどのトラック競技等に出場していたが、マラソンでの復活は叶わず、結婚を機に第一線から退いた。