荒木信子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
荒木 信子
(あらき のぶこ)
誕生 1963年[1]
横浜[1]
職業 翻訳家・韓国・朝鮮研究者
言語 日本の旗 日本
国籍 日本
最終学歴 筑波大学大学院地域研究研究科東アジアコース修了[2]
活動期間 1995年 - [3]
主題 韓国朝鮮日韓関係日朝関係
代表作 『なぜ韓国は中国についていくのか』(2014年)[2]
配偶者 荒木和博
テンプレートを表示

荒木 信子(あらき のぶこ、1963年(昭和38年) - )は日本の翻訳家・韓国・朝鮮研究者。1986年(昭和61年)、横浜市立大学文理学部国際関係課程を卒業[2]1990年(平成2年) - 1991年(平成3年)、韓国ソウル大学に留学[1]1992年(平成4年)、筑波大学大学院地域研究科東アジアコースを修了[2]。修士論文は「韓国人の日本観」[2]

略歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 荒木信子 『なぜ韓国は中国についていくのか 日本人が知らない中韓連携の深層』 草思社2014年4月25日。ISBN 978-4-7942-2049-3。 - 文献あり。

論説[編集]

  • 荒木信子 「「日帝は朝鮮語を抹殺した」と言われたら」『韓国・北朝鮮の嘘を見破る 近現代史の争点30』 鄭大均古田博司 編、文藝春秋〈文春新書 520〉、2006年8月20日。ISBN 4-16-660520-8。 - 荒木 (2006a)の再録。

翻訳[編集]

  • 金完燮 『親日派のための弁明』 荒木和博・荒木信子 共訳、草思社、2002年7月。ISBN 4-7942-1152-X。
    • 金完燮 『親日派のための弁明』 荒木和博 監修・訳、荒木信子 監修・訳、星野知美 訳、扶桑社〈扶桑社文庫 0429〉、2004年11月30日。ISBN 4-594-04833-1。
  • 辺映昱 『「偉大なる将軍様」のつくり方 写真で読み解く金正日のメディア戦略と権力の行方』 荒木信子 訳、草思社、2010年1月5日。ISBN 978-4-7942-1742-4。
  • 金基三 『金大中 仮面の裏側 元韓国情報部員の告発』 荒木信子 訳、草思社、2011-01-071。ISBN 978-4-7942-1792-9。 - 原書タイトル:Testifying about Kim Dae-Jung and Republic of Korea.

編集協力[編集]

  • 坪井幸生 『ある朝鮮総督府警察官僚の回想』 荒木信子 その他、草思社、2004年12月1日。ISBN 978-4-7942-1356-3。
  • 朴贊雄 『日本統治時代を肯定的に理解する 韓国の一知識人の回想』 荒木信子 その他、草思社、2010年9月1日。ISBN 978-4-7942-1775-2。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 鈴置高史 『日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う』 日経BP社(出版) 日経BPマーケティング(発売)、2014年9月16日。ISBN 978-4-8222-7790-1。

関連項目[編集]