荒木喜代志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

荒木 喜代志(あらき きよし、1949年6月24日[1] - )は、日本外交官2011年平成23年)1月11日から2013年(平成25年)10月16日まで、トルコ駐箚特命全権大使

経歴・人物[編集]

東京都出身。東京都立日比谷高等学校を経て1972年昭和47年)東京大学法学部を卒業して、外務省に入省する。外務省総合外交政策局国際社会協力部ジュネーブ条約本部長、外務省経済協力局審議官、在カナダ日本国大使館公使、2006年駐スリランカ特命全権大使、2009年国際テロ対策担当大使、2009年(平成21年)10月生物多様性条約第10回締結国会議(COP10)担当大使を経て、2011年平成23年)1月11日から2013年(平成25年)まで、トルコ駐箚特命全権大使。その後外務省参与[2][3]を務めた。2013年11月1日電気事業連合会顧問[4]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社住友倉庫 - 役員の状況(2016年3月期) 有価証券報告書 レポート抜粋 (健全!どんぶり会計β版)
  2. ^ [1]
  3. ^ (日本語) インド大使に斎木氏を起用 荒木 喜代志氏(あらき・きよし=トルコ大使)”. 日本経済新聞 NIKKEI.NET (2011年1月15日). 2014年5月24日閲覧。
  4. ^ [2]