荒木秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

荒木 秀一(あらき しゅういち、1964年1月10日 - )。日本人唯一で初の現役・米国FUGITIVE RECOVERY AGENT(逃亡者逮捕連行捜査官)通称バウンティハンター、犯罪プロファイリング士、作家、講師、コメンテーター、コラムニスト。

経歴[編集]

現役の米国捜査官(FUGITIVE RECOVERY AGENT)。15年間で50人余りの指名手配者を逮捕した。武術は逮捕術の応用のために、ロシアにてコマンドサンボを習得。射撃をこよなく愛す。幼少の頃からアーチェリーも経験していて射的は得意とする[1]

1964年1月10日、東京都渋谷区出身。高校を中退して16歳から私立探偵事務所を設立して活動。1994年に渡米。

バウンティハンター(FUGITIVE RECOVERY AGENT)のセミナーを受けてライセンスを取得。日本での長年の探偵経験を活かして活動を始める。1999年には旅先で訪れたインドネシアバリ島で、犯罪者を立件してその現場能力を警察本部に買われスカウト。日本人初の東南アジア警察アンダーカバーコップ(潜入捜査官)としても従事[2][3][4][5][6][7][8][9][10][11]。だが、同時期にインドネシア広域で暴動が勃発。情勢の悪化のために、再渡米してFUGITIVE RECOVERY AGENTの活動再開。

2002年に一時日本帰国して、数多くの体験を月刊PLAYBOY日本版(集英社インターナショナル)誌上にて連載執筆。加筆した単行本も同社から発売[12]。コミックスの原作・監修依頼も舞い込み取り組む。各メディアでは犯罪プロファイラーの力量を活かして、コメンテーターも行う。。

2003年、国際指名手配されている連邦犯罪人を捜査するためにパキスタンのイスラマバードへ潜入。

2006年初頭からは、警視庁に協力。全日本民間警察を編成。他国のみならず、凶悪犯罪に立ち向かっている[13][14]

2007年より、ガル探偵学校にてプロフェッショナルコースの独占講師を行う。

2008年、カリフォルニア州に公式捜査機関SIAを設立。後進の指導、輩出も行う。

2010年、コミックス原作『バウンティハンター』が実写映画化。スーパーバイザーも務める。2011年に1&2のDVD化(GPミュージアムソフト)

2013年、SIA探偵塾〜社会適合人間育成スクールを開塾。

出演番組[編集]

レギュラー出演[編集]

ゲスト出演[編集]

  • ニュースの森(TBS)
  • ミライ(フジテレビ)
  • ワイドスクランブル〜特捜ウイークエンドサイト(テレビ朝日)
  • 緊急サバイバル特番!迫るテロ!幼児誘拐!家族を守れスペシャル(テレビ朝日)
  • Leader's How to BOOK(テレビ朝日)
  • ウソホンティ(フジテレビ)
  • CUBE(TBSラジオ)
  • サイトウ カズミの爆発ナイト(文化放送)
  • テリー伊藤のってけラジオ(ニッポン放送)
  • PLATON(J-WAVE FMラジオ)
  • 特ダネホットライン(ニッポン放送)
  • ノブナガ(CBCテレビ)
  • 面白い八人延長戦(CSフジテレビONE)
  • やじうまテレビ(テレビ朝日)
  • あいせき居酒屋くだまき八兵衛X(テレビ東京)
  • 世界まる見え特捜部!やらかしちゃってる人大集合SP(日本テレビ)
  • 千原ジュニアのまぶしいチカラ(毎日放送)
  • 解禁!暴露ナイト(テレビ東京)
  • おとこラジオ・NACK5(FM埼玉)
  • 谷五郎の心にきくラジオ(ラジオ関西)
  • HYPER RADIO・NACK5(FM埼玉)
  • 森本毅朗スタンバイ(TBSラジオ)

テレビドラマ出演[編集]

作品リスト[編集]

漫画原作[編集]

  • バウンティハンター逃亡者逮捕連行捜査官(スーパージャンプ集英社)原案・監修担当/漫画:里見桂
  • 追い込み屋銀次(新潮社コアミックス)原案・監修担当/構成:上之二郎 漫画:佐藤良治
  • バウンティハンター(新潮社コアミックス)原作担当/漫画:中祥人

主著[編集]

  • バウンティハンター〜日本人ただひとり殺しのライセンスを持つ男(集英社インターナショナル)

著作協力[編集]

  • 全国ヤクザ業界地図(バンブームック竹書房)
  • 007ダイアナザーデイ (映画)(20世紀FOX映画)劇場公開パンフレット 推敲
  • ドミノ (映画)(UIP映画)劇場公開パンフレット 推敲

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 月刊PLAYBOY日本版No.309〜No.403、2003年連載(集英社)
  2. ^ 実話MAZI!Vol.05、2004年5月『特別捜査官・荒木秀一特集』(ミリオン出版)
  3. ^ FLASH・773号(光文社)
  4. ^ 実話ダイナマイト4号(コアマガジン刊)
  5. ^ 別冊週刊実話2月2日号(日本ジャーナル出版)
  6. ^ アサヒ芸能59巻20号(徳間書店)
  7. ^ SMART12月22日号(宝島社)
  8. ^ 問題実話2005年4号(桃源書房刊)
  9. ^ 実話ヘッドバッド6号(エレファントサン刊)
  10. ^ アームズマガジンNo.181〜No.184 連載記事(ホビージャパン刊)
  11. ^ 映画ドミノ劇場公開用パンフレット(UIP映画配給)
  12. ^ バウンティハンター〜日本人ただひとり殺しのライセンスを持つ男。
  13. ^ 週刊プレイボーイ22号(集英社刊)
  14. ^ 実話マッドマックス7月号(コアマガジン刊)