荒田別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

荒田別(あらたわけ[1])は、『日本書紀』等に伝わる古代日本人物。表記は「荒田別命」「大荒田別」等とも。

上毛野君の遠祖で、神功皇后応神天皇(第15代)の時に朝鮮へ派遣されたという武将である。

記録[編集]

日本書紀神功皇后49年3月条によると、鹿我別とともに将軍に任じられ新羅征討に参加した。神功皇后50年2月条に帰国した旨が記される。

同書応神天皇15年8月条では、巫別とともに百済に派遣され、翌年王仁を連れて帰っている。この条において、荒田別と巫別は「上毛野君の祖」と記載されている。

また『新撰姓氏録』の記載では、上毛野田道の父とする。『日本書紀』において田道は竹葉瀬の弟である旨があり、毛野氏族の系図でも竹葉瀬は荒田別の子と伝わる。

続日本紀延暦9年(790年)7月の津連真道らの上表においても荒田別の百済派遣の旨が見えるほか、『住吉大社神代記』でも新羅征討の説話において荒田別の名が記載されている。

後裔氏族[編集]

新撰姓氏録』では、次の氏族が後裔として記載されている。

  • 皇別
    • 右京 大野朝臣 - 同豊城入彦命四世孫の大荒田別命の後。
    • 右京 田辺史 - 豊城入彦命四世孫の大荒田別命の後。
    • 右京 佐自努公 - 同上。
    • 大和国 広来津公 - 下養公同祖。豊城入彦命四世孫の大荒田別命の後。
    • 河内国 止美連 - 尋来津公同祖。豊城入彦命の後。四世孫荒田別命男の田道公、(以下略)。
  • 未定雑姓
    • 河内国 伊気 - 豊城入彦命四世孫の荒田別命の後。

考証[編集]

『新撰姓氏録』に記載される氏族の多くは河内を根拠としていることから、荒田別は王仁の子孫とする河内の史系氏族の伝承上の人物であると推定する説がある。また、これを基に河内から毛野地方への氏族移住の説もある[1]

荒田別の父の名は御諸山に通じる御諸別命であり、また毛野氏族全体に大己貴神三輪神の祭祀があり、に纏わる伝承を持っている。考古学的にも大神神社周辺の遺跡に多く見られる子持勾玉が、関東では上野から下総にかけて数多く出土しており、これらのことからも、荒田別が実際には皇族出身ではなく、三輪氏族の支流に出た実在の人物とする説がある[2]

神功皇后の新羅侵攻に関しては史実の妥当性に疑問を投げ掛ける声があり、これに従えば荒田別の存在も確かではないが、早い段階で関東の勢力の中に朝鮮との外交に携わった者がいたことは認めてよいとする説もある[3]

また「あらた」の読みから、上野国新田郡(現・群馬県太田市周辺)と関連づける説があり[4][1]、当地に存在する東日本最大の古墳である太田天神山古墳の被葬者と想定する考えもある[5]。一方、荒田別の活動年代や古墳の築造時期から荒田別の墳墓を別所茶臼山古墳、その子竹葉瀬の墳墓を太田天神山古墳と見る説もある[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 荒田別(古代氏族) & 2010年.
  2. ^ 宝賀寿男「五 御友別と吉備氏一族の分封伝承」『古代氏族の研究⑨ 吉備氏 桃太郎伝承をもつ地方大族』青垣出版、2016年。
  3. ^ 溝口睦子「荒田別」(『朝日日本歴史人物事典』) - 朝日新聞社コトバンクに該当記事
  4. ^ 『日本地理志料』に記載(『毛野国の研究 古墳時代の解明 下』第三章四節より)。
  5. ^ 前沢輝政『毛野国の研究 古墳時代の解明 下』(現代思潮社、1982年)第三章 四節 毛野国発展の要因。
  6. ^ 宝賀寿男「第六章 諸国の大古墳の被葬者」『巨大古墳と古代王統譜』青垣出版、2005年。

参考文献[編集]

  • 「荒田別」『日本古代氏族人名辞典 普及版』吉川弘文館、2010年。ISBN 978-4642014588。

関連項目[編集]