荒畑寒村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
荒畑 寒村
Kanson Arahata.jpg
荒畑 寒村
誕生 荒畑 勝三
1887年8月14日
神奈川県横浜市永楽町
死没 1981年3月6日
東京都世田谷区玉川病院
墓地 静岡県冨士霊園
職業 労働運動家、評論家
最終学歴 高等小学校卒
ジャンル 評論
代表作 谷中村滅亡史
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

荒畑 寒村(あらはた かんそん、1887年明治20年)8月14日 - 1981年昭和56年)3月6日[1])は、日本社会主義者・労働運動家・作家評論家日本共産党および日本社会党の結党に参加するが、のち離党。戦後1946年から1949年まで衆議院議員を務めた。本名は勝三。主義主張の一貫した生涯は、日本社会主義運動の良心の軌跡とされている[1]

来歴[編集]

神奈川県横浜市永楽町の横浜遊廓内で生まれる。幼少期を横浜市野庭(現在は同市港南区)で過ごした。高等小学校卒後、外国人商館でボーイとして働き、キリスト教に改宗。横須賀の海軍工廠に勤務する中で、『萬朝報』紙に堺利彦幸徳秋水が共同で書いた反戦詩・退社の辞に感動して労働運動に参加。幸徳と堺が発行する週刊『平民新聞』の非戦論に共鳴し、社会主義に接近する。

その後、堺利彦の世話で和歌山県牟婁新報での新聞記者を経て1904年[1]平民新聞の編集に参画。同紙で同僚だった6歳年上の管野スガと内縁を結び、1907年に結婚した。このころ、社会主義伝道行商に参加して田中正造を知り、足尾鉱毒事件を素材に処女作『谷中村滅亡史』を著述している[1]

1908年赤旗事件で検挙される[1]。裁判で有罪となり、重禁錮[2]1年。入獄中に妻のスガが幸徳と不倫関係となり、幸徳は千代子と離婚。スガも一方的に離縁状を送りつけて獄中の荒畑と離婚した。このことに寒村は激怒し、2年後に出獄するとピストルを入手してスガを射殺しようとするが果たせず、代わりに桂太郎首相の暗殺を企てたといわれるが、いずれも実行できなかった。一方、スガの内縁の夫となった幸徳とも疎遠になったことで、寒村は結果的にその後の幸徳事件大逆事件)での検挙・処刑を免れた。なお、この件で幸徳とスガは仲間内からも白眼視されており、寒村の他にも疎遠となった結果として連座を免れた者は多い。

寒村は出獄後、堺が設立した売文社に参加し、山川均高畠素之らと地道に体制の立直しをはかり[1]1912年には大杉栄と『近代思想』を創刊、さらに月刊『平民新聞』を発行した。しかし、サンディカリズムを唱えた大杉とマルクス主義に立脚する寒村との対立が次第に表面化。大杉と訣別して後は労働組合活動を続けながら、関西で活動。1920年日本社会主義同盟1922年日本共産党第一次共産党)の創立にそれぞれ参加する。しかし1923年の第一次共産党事件で堺利彦とともに検挙され、翌1924年には、寒村によるほぼ唯一の反対論を押し切って共産党解散決議がなされてしまう。こののち寒村は、残務整理のため設置された「ビューロー」に参加し、あくまで党再建をめざそうとするが、ビューローの中で福本和夫の党理論(福本イズム)の影響力が増してくると次第に党再建活動から距離を置くようになった[1]。福本イズムへの疑問を露わにする寒村は、福本の圧倒的影響下にあった若手活動家から激しく批判・誹謗された。

その後共産党は、福本イズムに沿って再建(第二次共産党)されるが、結局のところ寒村は、第一次共産党の解散に賛成した人々(佐野学徳田球一など)が再建の中心になっていることを憤り、愛弟子ともいえる鍋山貞親の説得を泣いて拒否し党の再建には参加しなかった。そして山川・猪俣津南雄らと1927年に『労農』を創刊、労農派の中心メンバーとして非共産党マルクス主義の理論づけを行った[1]日中戦争が始まると反ファシスト運動を主導した日本無産党にも参加した。しかし1937年人民戦線事件で、山川・加藤勘十ら400名以上とともに検挙され、終戦まで投獄された。

戦後は全金同盟の委員長に就任するとともに日本社会党の結成に参加。1946年以降衆議院議員を2期(中選挙区の東京4区選出)務めるが、1948年に日本社会党を離党[3]。1949年1月の第24回衆議院議員総選挙では社会主義政党結成促進協議会(いわゆる山川新党)を母体に無所属で立候補したが落選する[4]。関東金属労働組合委員長も務めた[1]

以後は評論活動に専念し、1950年12月ソ連の評価をめぐり小堀甚二と山川、向坂逸郎らの間で対立が起きると、小堀の主張に賛成はしなかったが小堀が山川新党の実務を担っていたこともあり、小堀に同情して1951年結成の社会主義協会には参加しなかった。1960年代後半以降には、ソ連派傾向を鮮明にした向坂・社会主義協会を強く批判した。一時新左翼に共鳴して学生を支援したが、内ゲバに失望して手を引き、以降孤高の文筆活動を続けた[1]第10回参議院議員通常選挙三里塚芝山連合空港反対同盟戸村一作が立候補すると、小田実らの「三里塚闘争と戸村一作氏に連帯する会」に参加した[5]

晩年には「死なばわがむくろを包め戦いの塵に染みたる赤旗をもて」という歌を作っている。1981年3月6日、東京都世田谷区玉川病院において、肺気腫のため93歳で死去した[6]

主な著作[編集]

  • 『荒畑寒村著作集』 平凡社(全10巻)、1976-77年
    • 1-4巻「社会運動」明治・大正・昭和前期・昭和後期
    • 5巻「社会運動をめぐる人々」、6巻「ロシア革命」
    • 7巻「文学」、8巻「随筆」、9・10巻「寒村自伝」
  • 『久濶多罪 荒畑寒村の手紙』 平凡社、1983年
  • 『平民社時代 日本社会主義運動の揺籃』 中央公論社、1973年、のち中公文庫
  • 『続 平民社時代』 中央公論社、1979年
  • 『荒畑寒村 ひとすじの道』 新版〈人間の記録28〉日本図書センター、1997年
  • 『寒村自伝 新版』(上・下)、筑摩書房〈筑摩叢書〉、のち岩波文庫
  • 『寒村茶話』 朝日新聞社、のち朝日選書(オンデマンド版) 
  • 『ロシア革命運動の曙』 岩波新書
  • 『ロシア革命前史』 筑摩書房〈筑摩叢書〉
  • 『反体制を生きて』 新泉社
  • 谷中村滅亡史』 新泉社、のち岩波文庫-若き日(1907年)の足尾銅山ルポルタージュ
  • 『うめ草すて石 思い出の人びと』 向坂逸郎共著、新版・至誠堂選書

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 荒畑寒村(あらはたかんそん)とは - コトバンク” (日本語). コトバンク. 2018年10月3日閲覧。
  2. ^ 旧法における刑罰。現行刑法の有期懲役に相当。
  3. ^ 荒畑寒村” (日本語). www.ndl.go.jp. 国立国会図書館. 2018年10月3日閲覧。
  4. ^ 衆議院編『衆議院議員総選挙一覽 第24回』衆議院事務局、1949年、pp.250-251
  5. ^ 衆議院会議録情報 第101回国会 運輸委員会 第4号”. kokkai.ndl.go.jp. 2018年10月3日閲覧。
  6. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)14頁

参考文献[編集]

  • 『春、雪ふる-荒畑寒村戦中日誌』、堀切利高編・解説、不二出版、1993年4月。1943年初めから1944年3月にかけての記録。
  • 寒村会編『荒畑寒村-人と時代』、マルジュ社、1982年3月。
  • 堀切利高『夢を食う-素描荒畑寒村』、不二出版、1993年4月。
  • 荒畑寒村『大逆事件への証言』 森長英三郎編、新泉社、1975年。
  • ニコライェフスキー/荒畑寒村訳 『大スパイ 革命のユダ』、新版・現代思潮新社 2008年
  • 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』(2003年、編集・発行 - 日外アソシエーツ、28頁)