荒野のダッチワイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
荒野のダッチワイフ
監督 大和屋竺
脚本 大和屋竺
製作 矢元照雄
出演者 港雄一
山本昌平
音楽 山下洋輔クァルテット
撮影 甲斐一
編集 桜井昭五
製作会社 国映
公開 1967年10月3日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

荒野のダッチワイフ』(こうやのダッチワイフ)は、1967年の日本の映画。別題『恐怖人形』(きょうふにんぎょう)。

あらすじ[編集]

殺し屋のショウ(港雄一)は、ある日、不動産経営者のナカ(大久保鷹)に仕事を依頼される。ナカの恋人(辰巳典子)が誘拐されたのだという。主犯格の男がコウ(山本昌平)であることを知ったショウは、コウに殺された自らの恋人(渡みき)のために、彼への復讐を心に誓う。

キャスト[編集]

製作[編集]

大和屋竺はジャズ喫茶新宿PIT INNで知り合った相倉久人にサウンドトラックの製作を依頼し、これをきっかけとして、山下洋輔カルテットが本作の映画音楽を手がけることになった[1]

評価[編集]

批評家のジャスパー・シャープは、著書『Behind the Pink Curtain: The Complete History of Japanese Sex Cinema』において、本作を「おそらく今までに作られたなかで最も風変わりなピンク映画だ」と評している[2]

脚注[編集]

  1. ^ 上島春彦. “映画の中のジャズ、ジャズの中の映画 第14回 山下洋輔大復活祭と「ミナのセカンド・テーマ」(中編)”. 映画の國. マーメイドフィルム. 2014年7月23日閲覧。
  2. ^ Sharp, Jasper (2008). Behind the Pink Curtain: The Complete History of Japanese Sex Cinema. Guildford: FAB Press. p. 59. ISBN 978-1-903254-54-7.