荘定帝姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

荘定帝姫(そうていていき、1041年 - 1043年9月17日)は、北宋仁宗の四女。

経歴[編集]

才人張氏(後に修媛、貴妃、温成皇后となった)の次女として生まれた。荘順帝姫の同母妹、荘慎帝姫(趙幼悟)の同母姉である。

慶暦元年(1041年)に生まれた。慶暦3年(1043年)8月1日、宝和公主に封ぜられたが、5日後(同9月17日)に死去し、越国公主の位を追贈された。公主の母・修媛張氏は間もなく病となり、「所以召災者,姿薄而寵厚也。愿貶秩為美人,庶幾可以消咎譴」と言って、美人への降格を求めた。

嘉祐4年(1059年)12月に秦国公主の位を再追贈された。治平元年(1064年)6月、再従兄の英宗から楚国長公主の位を再追贈された。元符3年(1100年)3月、徽宗から鎮国大長公主の位を再追贈された。政和4年(1114年)12月、荘定大長帝姫の位を再追贈された。

伝記資料[編集]

  • 宋史
  • 『宋会要輯稿』