荘田教高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

荘田 教高(しょうだ のりたか、生没年不詳)は、江戸時代前期の武士剣豪柳生宗矩の代表的な高弟として知られ、後世柳生四天王の一人に数えられた。通称喜左衛門、嘉左衛門。庄田[注 1]とも。

荘田喜兵衛信之の子。永禄9年(1566年)に父が没した後、大和柳生庄を治めていた剣豪・柳生宗厳に養育されて、柳生家譜代の臣、大物頭を務める[1]。その後江戸にでて宗厳の子・宗矩に仕えて剣を学び、皆伝してからは庄田心流(庄田流、庄田真流とも) [注 2]を名乗った。寛永期に榊原氏に招かれ、剣術指南役を務めた。

著書に宗矩の子・柳生宗冬から兵法に関する見解を聞書きした『宗冬兵法物語』があるほか、宗冬の著書『宗冬兵法聞書』にも宗冬との間で交わした問答が記されている[2]

人物・逸話[編集]

  • 柳生家所有の隠し田の存在を密訴し、天正文禄年間に柳生家が一時没落する原因を作った松田派新陰流開祖・松田織部之助[注 3]を、主君の命に従って斬ったという(『藩翰譜』)[注 4]
  • 『武芸小伝』では、「越後高田城主・榊原忠次に仕えた」とある[1]が、寛永期、忠次は館林藩におり、榊原氏が越後高田城主になるのは忠次から6代後の榊原政純である。
  • 高田藩剣法師範の荘田奥三郎を教高の子とする見解もあるが、時間の不一致が見られる。

脚注[編集]

  1. ^ 綿谷雪は“荘田”、“嘉左衛門”がそれぞれ正しく“庄田“および“喜左衛門”は誤りとする[1]
  2. ^ 撃剣叢談』では庄田心流、『本朝武芸小伝』では庄田流、『積翠雑話』では庄田真流としている[1]
  3. ^ 宗厳と同じく上泉信綱の直弟子で、始め大和の戒重肥後守に仕え、戒重家が没落してからは筒井順慶に仕える。一時期柳生家に身を寄せていたという。
  4. ^ 『藩翰譜』には「織田殿の時、宗厳大和の守護筒井入道順慶に属して、所々の功名ありき、関白秀吉、天下を知召して、当国を悉く御弟秀長大納言に参ぜられしに、柳生の譜代の郎等、松田という者告申せし旨ありて、柳生の庄隠田の科に処せられて、累代の所領没収せらる、宗厳口をしき事に思い、三人の息に如何にもして汝等本領を安堵し、松田が首切て我にたむけよといひしが、宗矩再び此地領する事を得て、松田を搦取て、荘田といひし郎等して首刎ねしむとなり」とあり

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 綿谷雪 『日本武芸小伝』 国書刊行会、2011年2月
  • 今村嘉雄 『定本 大和柳生一族―新陰流の系譜』 新人物往来社1994年