荘穆王后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
荘穆王后
高麗王后

全名 忽都魯掲里迷失
別称 元成公主
安平公主
斉国大長公主
荘穆仁明王后
仁明王太后
出生 憲宗9年6月28日
1259年7月19日
モンゴル帝国
死去 大徳元年5月21日
1297年6月11日
開京
埋葬 高陵
配偶者 忠烈王
子女 忠宣王
父親 クビライ
母親 阿速真可敦
テンプレートを表示

荘穆王后(そうぼくおうこう、1259年7月19日 - 1297年6月11日)は、高麗の第25代王忠烈王の正妃。モンゴル人で、本名は忽都魯掲里迷失(クトゥルク=ケルミシュ)。世祖の娘で、1274年5月に忠烈王に降嫁される[1]

1275年9月に生まれた長男の益知礼普花(イジリブカ)は高麗の第26代王となった忠宣王である。同年に高麗より元成公主、1294年に元より安平公主に封じられた。没後には、高麗より荘穆仁明王后、仁明王太后と追号され、1310年に元において斉国大長公主を追封された[1]

家族[編集]

夫 忠烈王との間で2男1女を儲けたが、長男 忠宣王以外の子女は早世し、詳細は分からない。

  • 父:クビライ
  • 母:阿速真可敦
  • 異母兄:チンキム
  • 夫:忠烈王
    • 長男:忠宣王
    • 嫁:薊國大長公主(甥(チンキムの子) 孛兒只斤 甘麻剌の娘で、姪孫にあたる)
    • 長女:名前不詳(1277年~没年不詳)
    • 次男:名前不詳(1278年~没年不詳)

脚注[編集]

  1. ^ a b 森平雅彦 2008, pp. 12

参考文献[編集]