荻原正也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

荻原 正也(おぎわら まさや、1958年7月22日 - )は、日本実業家アイ・ティー・エックス代表取締役社長、同社取締役会長ニフティ代表取締役社長を経て、同社取締役会長。

人物・経歴[編集]

熊本県八代市出身。兵庫県立西宮高等学校を経て[1]、1980年神戸大学法学部卒業、日商岩井(現双日)入社[2]前川一博元パナソニックインフォメーションシステムズ代表取締役社長は、高校のバスケットボール部の2年先輩[3]。2003年アイ・ティー・テレコム(現アイ・ティー・エックス)業務本部副本部長。2009年アイ・ティー・エックス取締役常務執行役員[2]

2010年からアイ・ティー・エックス代表取締役社長[4]を務め、オリンパス事件を受けオリンパス傘下から日本産業パートナーズ傘下となり利益水準を向上させた。2015年ノジマ傘下となる[5]。2017年アイ・ティー・エックス取締役会長。同年ニフティ代表取締役社長[6]。2019年ニフティ取締役会長[7]

脚注[編集]

  1. ^ 荻原 正也
  2. ^ a b 「同窓生ニュース: 2017年4月」神戸大学
  3. ^ キャプテンの背中 荻原正也日本経済新聞2019/1/16付日本経済新聞 朝刊
  4. ^ 「ITX社長に荻原氏 」日本経済新聞2010/5/11付
  5. ^ ノジマ社長、「買収は全然悩まなかった」東洋経済2014/12/27
  6. ^ ニフティ社長に荻原氏 日本経済新聞2017/4/26 23:34
  7. ^ 会社案内ニフティ


先代:
中塚誠
アイ・ティー・エックス社長
2010年 - 2017年
次代:
野島廣司
先代:
中川勝博
アイ・ティー・エックス会長
2017年
次代:
石坂洋三
先代:
三竹兼司
ニフティ社長
2017年 - 2019年
次代:
野島亮司