荻太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
荻 太郎
生誕 1915年2月28日
愛知県北設楽郡稲武町(現・豊田市
死没 (2009-09-02) 2009年9月2日(94歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京美術学校油画科
著名な実績 絵画絵本

荻 太郎(おぎ たろう、1915年2月28日 - 2009年9月2日)は、日本画家絵本作家

来歴・人物[編集]

主な作品[編集]

  • 『バレリーナ』
  • 『こびとのおくりもの』(上沢謙二訳)「こどものとも」21号(1957年福音館書店
  • 『りょうちゃんのあさ』(松野正子作)「こどものとも」150号(1968年、福音館書店)
  • 『こうさぎのクリスマス』(松野正子作)「こどものとも」249号(1976年、福音館書店)
  • 『こねこ』(岸田衿子文)「年少版こどものとも」13号(1978年、福音館書店)
  • 『かじやとようせい』(三宅忠明再話)「こどものとも」273号(1978年、福音館書店)
  • 『小さな卵の大きな宇宙』(明坂英二文)「たくさんのふしぎ」(1999年、福音館書店)
  • 『はっぱをゆらすのどんなかぜ』(富安陽子文)「ちいさなかがくのとも」(2002年、福音館書店)

脚注[編集]

  1. ^ 細谷真里「『生』と『死』描いた荻太郎 岡崎ゆかりの画家 没後10年回顧展」『中日新聞』2019年12月6日付朝刊、西三河版、20面。
  2. ^ 荻太郎 : 東文研アーカイブデータベース東京文化財研究所
  3. ^ 荻 太郎 : 作者データ&作品一覧 | 収蔵作品データベース刈谷市美術館