荻野喜弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

荻野 喜弘(おぎの よしひろ、1944年1月15日 - )は、日本の経済学者、経済学博士九州大学)。第14代下関市立大学学長、元九州大学経済学研究院長(経済学部長・経済学府長)。専門は社会経済史、石炭産業論。

来歴・人物[編集]

1944年群馬県の生まれ。群馬県立館林高等学校東京大学経済学部を経て、宇部興産株式会社入社。その後、東京大学経済学研究科博士課程(単位習得退学)を経て、久留米大学商学部講師、同大学助教授を歴任。1983年より九州大学に転じ、2004年より同大学経済学研究院長、同大学附属図書館付設記録資料館長なども務めた。2010年より下関市立大学学長に就任。2013年より同大学理事長。

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『戦前期筑豊炭鉱業の経営と労働』(啓文社、1990年)
  • 『近代日本のエネルギーと企業活動 北部九州地域を中心として』(日本経済評論社、2010年)

関連項目[編集]

先代:
坂本紘二(2007年4月 - 2010年3月)
下関市立大学学長
2010年4月 -2013年3月 )
次代:
吉津直樹(2013年4月 - )