莫徳恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
莫徳恵
Mo Dehui.jpg
『最新支那要人伝』(1941年)
プロフィール
出生: 1883年4月16日
光緒9年3月初10日)
死去: 1968年民国57年)4月17日
中華民国の旗 中華民国台北市
出身地: 清の旗 新疆省
職業: 政治家
各種表記
繁体字 莫德惠
簡体字 莫德惠
拼音 Mò Déhuì
注音二式 Mò Déhuèi
和名表記: ばく とくけい
発音転記: モー ドゥーフイ
ラテン字 Mo Teh-hui
テンプレートを表示

莫 徳恵(ばく とくけい)は中華民国の政治家。初めは北京政府奉天派に属し、後に国民政府に転じた。柳沈。署名は柳園。祖籍は吉林将軍管轄区阿勒楚喀副都統管轄区双城堡(現在の黒竜江省ハルビン市双城区)。

事跡[編集]

1907年光緒34年)、天津北洋高等巡警学堂に入学する。3年後に卒業して、浜江(現在のハルビン)巡警局局長、双城県知事を歴任した。

中華民国成立後の1913年民国2年)、衆議院議員に当選する。1917年(民国6年)12月、吉林省官産処処長となる。1922年(民国11年)、東三省保安司令部諮議となり、さらに省立東北大学校長もつとめた。1925年(民国14年)3月、蒙蔵院副総裁に任命され、5月には農商部次長となる。翌年4月、張作霖から奉天省省長に任命された。1927年(民国16年)10月、潘復内閣の農工総長に任命され、翌年6月の北京政府崩壊までその任にあった。

国民政府成立後の1929年(民国18年)1月、東北政務委員会委員兼中東鉄路(東清鉄道)督弁に任じられた。翌年、中ソ交渉において中国側首席全権代表を務めている。1938年(民国27年)以降、4期にわたって国民参政会参政員となる。1941年(民国30年)、川康建設期成会西昌弁事処主任に任じられた。1946年(民国35年)1月、中国政治協商会議(旧政協)に出席する。その後も行憲国民大会代表、憲政督導委員会会長などを歴任した。

国共内戦中国国民党が敗北すると、莫徳恵も台湾に逃れた。1954年(民国43年)9月、考試院長に就任し、1966年(民国55年)8月までその地位にあった。この他にも、引き続き国民大会代表となり、また、総統府資政、光復大陸設計研究委員会中国語版副主任委員などを歴任している。

1968年(民国57年)4月17日、台北市で死去。享年86(満85歳)。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局1995年。ISBN 7-101-01320-1。
 中華民国の旗 中華民国北京政府
先代:
劉尚清
農工総長
1927年10月 - 1928年6月
次代:
(廃止)
 中華民国の旗 中華民国国民政府
先代:
賈景徳
考試院長
1954年9月 - 1966年8月
次代:
孫科