菅原浩志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すがわら ひろし
菅原浩志
別名義 菅原比呂志
生年月日 1955年
出生地 北海道札幌市厚別区
職業 映画監督、脚本家、映画プロデューサー

菅原 浩志(すがわら ひろし、1955年 - )は、日本映画監督脚本家プロデューサー北海道札幌市厚別区出身[1]。クレジットには菅原比呂志名義も存在する。

来歴[編集]

北海道札幌啓成高等学校卒業後、『ゴッドファーザー』のフランシス・フォード・コッポラ監督で有名なカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)芸術学部映画テレビ学科に留学。そこで映画製作・演出を学び、クームルーデ賞(優秀賞)を受賞し卒業する。その当時、日本人スタッフが珍しかったアメリカ映画界で活躍。帰国後、『里見八犬伝』等のプロデューサーを務め、1988年『ぼくらの七日間戦争』で監督デビュー。ブルーリボン作品賞、くまもと映画祭監督賞を受賞し、「日本映画100本」の一本に選ばれる。『ほたるの星』は第16回東京国際映画祭コンペティションに公式参加した後、世界各国で公開。2004年秋には、皇室主催の園遊会に招待された。浅丘ルリ子主演の『早咲きの花』は、第19回東京国際映画祭、豪州シドニー映画祭で公式上映され、国内外で高く評価されている。2004年より徳山大学客員教授環境省主催のホタレンジャー審査員。ちぎり文学賞審査委員長。豊橋まつり総合プロデューサー。

フィルモグラフィー[編集]

監督[編集]

プロデューサー[編集]

脚本[編集]

  • ぼくらの七日間戦争(1988年)
  • マグニチュード(1997年)
  • ドリームメーカー(1999年)
  • ほたるの星(2004年)
  • 早咲きの花(2006年)
  • 写真甲子園 0.5秒の夏(2018年)

プロダクションマネージャー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 厚別出身の映画監督 菅原浩志監督スペシャルインタビュー 札幌市厚別区役所 2018年8月28日閲覧。

菅原浩志 - KINENOTE