菅原潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

菅原 潤(すがわら じゅん、1963年 - )は、日本の哲学研究者、日本大学教授。近現代ドイツ思想、環境哲学専攻。

来歴[編集]

宮城県仙台市生まれ。1987年東北大学文学部卒、1996年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。1998年「シェリングにおける神話と自由の弁証法」で文学博士(東北大学)。1997-2000年東北大助手、2003年佐賀大学助教授、2006年長崎大学環境科学部助教授、2007年准教授、2008年教授。2015年日本大学工学部教授[1]

著書[編集]

  • 『シェリング哲学の逆説 神話と自由の間で』北樹出版 2001
  • 『環境倫理学入門 風景論からのアプローチ』昭和堂 2007
  • 『昭和思想史とシェリング 哲学と文学の間』萌書房 叢書シェリング入門 2008
  • 『「近代の超克」再考』晃洋書房 2011
  • 『弁証法とイロニー 戦前の日本哲学』講談社選書メチエ 2013
  • 『旅する木下杢太郎/太田正雄 グローバル時代の二足の草鞋』晃洋書房 2016
  • 京都学派講談社現代新書 2018
共編
  • 『21世紀の哲学史 明日をひらく知のメッセージ』伊藤周史・齋藤直樹共編 昭和堂 2011

翻訳[編集]

脚注[編集]