菅又薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
菅又薫

菅又 薫(すがまた かおる、1873年6月 - 1950年4月26日)は、日本の医師政治家衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

栃木県出身。東京医学専門学校(現東京医科大学)に学び、医師免許を取得後、1907年故郷で病院を開業する(菅又病院)。その後北高根沢村長、塩谷郡会議員、栃木県会議員などを務め、1942年第21回衆議院議員総選挙で非推薦で立候補して当選する。戦後の1946年第22回衆議院議員総選挙で再選される。翌年の第23回衆議院議員総選挙には出馬しなかった。1950年死去。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。