菅本裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
すがもと ゆうこ
菅本 裕子
プロフィール
愛称 ゆうこす
生年月日 1994年5月20日
現年齢 26歳
出身地 日本の旗 日本福岡県北九州市
血液型 B型
毛髪の色
公称サイズ(2019年[1]時点)
身長 / 体重 163 cm / 51 kg
BMI 19.2
スリーサイズ 88 - 62 - 88 cm
活動
デビュー 2011年
ジャンル ファッションモデルインフルエンサー
モデル内容 レディース
備考 SNS活動
他の活動HKT48メンバー、YouTuberInstagramer実業家
モデル: テンプレート - カテゴリ

菅本 裕子(すがもと ゆうこ、1994年平成6年)5月20日 - )は、日本の実業家、自称「モテクリエイター」[2]タレント。元アイドル福岡県北九州市出身。KOS所属。HKT48の元メンバー[3]

略歴[編集]

HKT48との両立が難しかったため、福岡県立八幡高等学校を中退[4]。2011年7月10日、HKT48第1期生オーディションに合格。10月23日、「『フライングゲット』全国握手会@西武ドーム」で初お披露目。

2012年8月18日、HKT48を脱退[5]。料理専門学校を卒業後[6]、2014年に料理研究家として活動を開始するも低迷[7]。 2015年、講談社「ミスiD 2016」準グランプリ受賞[8]。2016年初めにインスタグラムを開始し、現在のSNS総フォロワー数は100万人に到達[9]。個人事務所KOSを設立[10]し、ライブコマース事業などで年商2億円[11]をあげる。

人物[編集]

HKT時代より「ゆうこす」のニックネームで呼ばれ、一部書籍ではペンネームとして使用する[要出典]

HKT48立ち上げ時には看板メンバーとして、青年漫画雑誌でグラビアアイドル活動も行うがその後挫折[要出典]ミスiD 2016」準グランプリをきっかけにSNSでの活動を活発化させ、インフルエンサーとして女性人気を得る[要出典]。その自己プロデュース力をカメラマン・青山裕企は「ネオぶりっ子」、講談社・小林司は「女子王」[10]と例える。収入はアイドル時代の100倍になったという。

参加曲[編集]

シングル[編集]

AKB48名義

  • あの日の風鈴(2012年8月29日、「ギンガムチェック」に収録)ウェイティングガールズ名義 - EAN 4988003426774

アルバム[編集]

AKB48名義

  • いつか見た海の底(2012年8月15日、「1830m」に収録)Up-and-coming girls名義 - EAN 4988003426767
  • 青空よ 寂しくないか?(2012年8月15日、「1830m」に収録) - EAN 4988003426767

劇場公演ユニット曲[編集]

チームH 1st Stage「手をつなぎながら」公演

  • ウィンブルドンへ連れて行って
  • この胸のバーコード

出演[編集]

映画[編集]

  • なっちゃんはまだ新宿(2017年12月、「なっちゃんはまだ新宿」フィルムパートナーズ) - なっちゃん役[12]

テレビ[編集]

  • 吉田豪とハミダシ女(2016年6月1日、8日、TOKYO MX[要出典]
  • #ハイ_ポール(2017年6月9日 - 6月16日、フジテレビ[要出典]
  • 明日は我がミーティングSP(2017年12月26日、TBS[要出典]
  • クリエイティブ・ディグ(KBC九州朝日放送)[要出典]
  • 14歳からのスタートアップ 〜Young CEO 魔法の杖〜(BSテレビ東京
  • & スタートアップ! 未来を変える起業家のタネ(2019年10月6日 - 、BSテレ東) - MC[要出典]
  • 死役所 第3話(2019年10月31日、テレビ東京) - ゲスト出演[13]

ネット配信[編集]

  • ゆうこす商店街25(2019年2月22日[14] ‐、GYAO!

CM[編集]

  • アリシアクリニック(2019年1月 - 12月 )[要出典]

作品[編集]

単行本[編集]

  • #モテるために生きている!(2017年4月25日、ぶんか社) - ゆうこす名義 ISBN 978-4821166961
  • SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方(2017年9月14日、KADOKAWA) - ゆうこす名義 ISBN 978-4048960250
  • 共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る(2019年5月31日、幻冬舎) - ゆうこす名義 ISBN 978-4344034723

ムック本[編集]

  • ゆうこす モテコスメBOOK(2017年11月16日、宝島社) - 監修 ISBN 978-4800278302

イメージDVD[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ FiNC ヘルスケア/フィットネスアプリ [@finc_japan] (2019年11月15日). "FiNC LIVE ゆうこすダイエットチャレンジ 溝口社長による最終追い込みトレーニング!" (ツイート). Twitterより2020年5月11日閲覧
  2. ^ “菅本裕子(元HKT48)がアイドルからモテクリエイターに華麗に変身できた理由【アイドルめし】”. メシ通 (ホットペッパーグルメ). (2017年7月24日). https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/arumi-nagayama/17-00250 2020年5月11日閲覧。 
  3. ^ “ホリエモンが校舎のない学校を開校する 「これからの時代、座学より行動だ」”. BuzzFeed News (BuzzFeed Japan). (2018年7月26日). https://www.buzzfeed.com/jp/kensukeseya/zero-school?utm_term=.jeKpA3oEX#.qrxJnvxDb 2018年7月30日閲覧。 
  4. ^ ゆうこす [@yukos_kawaii] (2016年3月14日). "中学サボりまくって高校に行く気すら無かった学年ドン2の私が、受験の1ヶ月前に「八幡高校(偏差値66で、2番目に難しい公立高)行きてェ〜」と急に思い始め、塾にも行かず独学で、1ヶ月毎日20時間勉強して(大まじ)見事合格したの、ビリギャルよりすごくね" (ツイート). Twitterより2020年5月11日閲覧
  5. ^ 【お知らせ】 - HKT48 オフィシャルブログ 2012年8月18日
  6. ^ “モテる、で儲ける元アイドルのネット社会 フォロワー数150万人のゆうこす”. PRESIDENT Online (プレジデント社). (2019年6月28日). https://president.jp/articles/-/29025 2020年5月11日閲覧。 
  7. ^ ゆうこす|輝く人は、備えてる”. ドコモ 保険ナビ. 2020年5月11日閲覧。
  8. ^ “菅本裕子、HKT48脱退「地獄の日々」からなぜ復活できた?「モテるために生きている」を掲げる真実”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月3日). https://mdpr.jp/interview/detail/1641472 2018年7月30日閲覧。 
  9. ^ “2年でフォロワー100万人超 SNS素人が見出した「下克上タグ」戦略”. Forbes JAPAN (リンクタイズ株式会社). (2018年6月29日). https://forbesjapan.com/articles/detail/21826 2018年7月30日閲覧。 
  10. ^ a b 菅本裕子”. Miss iD. 講談社. 2018年7月30日閲覧。
  11. ^ “2年で年商1億を達成した「ゆうこす」って何者? 元HKT48、元ニート、現メガインフルエンサーの軌跡”. 日刊SPA! (扶桑社). (2018年2月27日). https://nikkan-spa.jp/1456696 2018年7月30日閲覧。 
  12. ^ “池田夏海&菅本裕子の逃避行 MOOSIC LAB3冠『なっちゃんはまだ新宿』予告”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年10月24日). https://www.cinra.net/news/20171024-nacchanmada 2018年7月30日閲覧。 
  13. ^ 本放送のスタッフロールを参照
  14. ^ “地獄を見た女?ゆうこす「月商1000万」超えでピンク嬢の希望の星に!”. アサ芸プラス (徳間書店). (2019年3月5日). https://www.asagei.com/122755 2019年3月10日閲覧。 
  15. ^ “菅本裕子(ゆうこす)、水着&ランジェリーで“モテボディ”開放 最初で最後の試み”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年4月20日). https://mdpr.jp/news/detail/1680195 2018年8月3日閲覧。