菅正利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
菅忠利 / 菅正利
Kann Masatoshi.jpg
菅和泉正利(福岡市博物館蔵)
時代 戦国時代 - 江戸時代
生誕 永禄10年9月19日1567年10月21日
死没 寛永2年6月29日1625年8月2日
改名 菅孫次→菅六之助→菅忠利→菅正利
別名 通称:孫次、六之助、初名:忠利、号:松隠宗泉
官位 和泉守
主君 黒田孝高長政忠之
福岡藩
父母 父:菅七郎兵衛正元(一翁)
母:脇野和泉守の娘
兄弟 正利、正周(弥市右衛門)、正辰
手塚元直の娘
重利

菅 正利(かん まさとし)は、戦国時代から江戸時代の武将、福岡藩士。黒田二十四騎の一人。通称は孫次、後に故あって六之助(ろくのすけ)と改めた。官途は和泉守。名は忠利(ただとし)であったが、後年、将軍・徳川秀忠の諱を憚って正利と改めた。号は松隠宗泉。妻は手塚元直の娘。子に菅重利がいる。

生涯[編集]

家系は菅原道真の末裔を称し、もとは美作国の人。南朝後醍醐天皇に仕えた菅四郎佐弘(有元佐弘)、五郎佐光、又三郎佐吉らを先祖に持つ美作菅氏(有元氏)の流れ[1]。菅正元の父の代に播磨国の越部邑に移り住んだ[1]

永禄10年(1567年)9月19日、菅正元の子として播磨国越部で生まれる。母は脇野和泉守の娘。

天正9年(1581年)、黒田孝高に小姓として出仕。孝高の命により、吉田長利(六郎太夫)の武運にあやかるように「六之助」を名乗った[2]。天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦いで17歳で初陣し、首を2つとって賞賛された。

天正12年(1584年)、第二次紀州征伐黒田長政と共に従軍し、岸和田城攻めで一番槍の功。

天正15年(1587年)の九州征伐に従軍し、日向耳川で島津氏と交戦[3]。黒田家が豊前国を与えられた際には、転封に反対した城井鎮房とその家臣を排除した戦いでの功績で、長政より貞宗脇差を褒美として与えられ、豊前で200石を拝領した。

文禄・慶長の役でも勇猛果敢、獅子奮迅など数々の戦功を挙げ[4][5]慶長3年(1598年)に300石を加増されて500石となった。朝鮮に虎を斬った逸話を伝われる[6]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、長政に従って島左近を討ち取るなど関ヶ原で戦功を挙げている[7]。他方、国許にあった正元は、如水に従って豊後攻略で活躍して、1,300石を拝領。この領地は正元の死後、弟正周に受け継がれた[1]

慶長6年(1601年)、3,000石を拝領して大組頭に任命され、怡土郡志摩郡の代官も務めた。慶長10年(1605年)、徳川秀忠征夷大将軍になると、「忠」の字を避けるため「忠利」から「正利」に改名している。

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では兵庫に出兵し、井上之房・小河之直とともに徳川家康・秀忠に拝謁。大坂城外堀の埋め立て後、黒田忠之と共に福岡へ帰国。元和4年(1618年)、長政の命により早良川河口の干拓工事や、糟屋郡新原村・志摩郡新田村の新田開発を行った。

元和7年(1621年)、嫡子・重利に家督を譲った後、隠居料1,200石を与えられ、福岡城南二の丸城番に任ぜられる。元和9年(1623年)に長政が没すると出家して松隠宗泉と号した。寛永2年(1625年)6月29日死去。享年59。

人物[編集]

関ヶ原合戦図屏風に描かれた菅六之助(正利)。

身の丈6尺2寸の大男で、を曲げるほどの剛力だったという。新免無二新当流疋田景兼新陰流を学んで、剣豪としても知られた。茶人の一面も持つ。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]