菅沢重雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
菅沢重雄
菅沢重雄

菅沢 重雄(菅澤、すがさわ しげお、1870年(明治3年4月[1][2][3]) - 1956年(昭和31年)1月7日[2][3])は、明治時代後期から昭和時代の政治家実業家銀行家衆議院議員貴族院多額納税者議員千葉県香取郡久賀村長。

経歴[編集]

千葉県香取郡、のちの久賀村(現多古町)出身[1]。菅原惣兵衛の長男として生まれ、1893年(明治26年)家督を相続する[1]。農業を営む[1]

1896年(明治29年)以降、千葉県会議員、香取郡会議員、千葉県山林会、大日本山林会各評議員、久賀村長、郡所得税調査委員、郡宅地価修正委員長のほか、東京成徳高等女学校、東京商業女学校各校長、多古銀行[注 1]、佐原興業銀行[注 2]各頭取、日本畜産商事、渋谷急行電鉄、松戸畜産各社長を歴任した[2][4]。ほか、佐原興業銀行、総武銀行[注 3]、栗山電灯各取締役を務めた[1]

1904年(明治37年)3月の第9回衆議院議員総選挙では千葉県郡部から出馬し当選[4]。衆議院議員を1期務めた[5]

1926年(大正15年)5月には千葉県多額納税者として貴族院議員に互選され、1932年(昭和7年)9月まで務めた[2]。その後、1939年(昭和14年)9月、貴族院議員に再選し、1947年(昭和22年)5月の貴族院廃止まで務めた[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 千葉銀行の前身行のひとつ。
  2. ^ 千葉銀行の前身行のひとつ。
  3. ^ 千葉銀行の前身行のひとつ。

出典[編集]

参考文献[編集]