菅澤大我

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菅澤 大我 Football pictogram.svg
名前
カタカナ スガサワ タイガ
ラテン文字 SUGASAWA Taiga
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1974-06-30) 1974年6月30日(43歳)
出身地 東京都
ユース
チーム
読売サッカークラブユース
監督歴
チーム
1999-2001 ヴェルディJr.
2001 日本U-12選抜
2003-2005 ヴェルディJY
2008 名古屋グランパスU-15
2009 京都サンガF.C.U-18
2013-2014 ジェフユナイテッド市原・千葉U-15
2016 ロアッソ熊本ユース
2017 ロアッソ熊本ユース (総監督)
2018- ちふれASエルフェン埼玉
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

菅澤 大我(すがさわ たいが、1974年6月30日 - )は、東京都出身のサッカー指導者。

来歴[編集]

1996年、かつて自ら選手として所属していた読売サッカークラブユースのコーチに就任した。その後は指導者として、長く読売サッカークラブヴェルディジュニアユースで若手育成を担当。同クラブでは森本貴幸[1]小林祐希、高木兄弟(高木俊幸高木善朗高木大輔)、高野光司らを発掘、育成してきた[2]

2006年名古屋グランパスエイトのユースアカデミーU-15(U-13担当)に就任した。2008年はU-15監督を務め、日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会で優勝した。2009年京都サンガF.C.U-18 監督に就任した。同年の日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会では準決勝進出。2010年ジェフユナイテッド市原・千葉U-18コーチに就任し、2015年までトップチームヘッドコーチやU-15監督を歴任した[3]

2016年1月9日ロアッソ熊本のユース監督に就任した[4]。2017年より育成ダイレクター兼ユース総監督に就任[5]

2018年、ちふれASエルフェン埼玉監督に就任[6]

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

  • 1996年 - 2005年 読売サッカークラブ / 東京ヴェルディ1969
    • 1996年 スクール コーチ
    • 1997年 ジュニアユース コーチ(U-13担当)
    • 1998年 ジュニア コーチ
    • 1999年 - 2001年 ヴェルディジュニア 監督
    • 2002年 ジュニアユース(U-13担当)
    • 2003年 - 2005年 ジュニアユース 監督
  • 2001年 日本U-12選抜 監督
  • 2006年 - 2008年 名古屋グランパスエイト
    • 2006年 ユースアカデミーU-15(U-13担当)
    • 2007年 ユースアカデミーU-15(U-14担当)
    • 2008年 育成普及部U-15 監督
  • 2009年 京都サンガF.C.U-18 監督
  • 2010年 - 2015年 ジェフユナイテッド市原・千葉
    • 2010年 - 2011年 U-18 コーチ
    • 2011年10月 - トップチーム ヘッドコーチ
    • 2012年 U-18 コーチ
    • 2013年 - 2014年 U-15 監督
    • 2015年 U-18 コーチ
  • 2016年 - ロアッソ熊本
    • 2016年 ユース 監督
    • 2017年 育成ダイレクター兼ユース総監督
  • 2018年 - ちふれASエルフェン埼玉 監督

著書[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]