菅生隆之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
すごう たかゆき
菅生 隆之
プロフィール
本名 菅生 隆之[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本千葉県飯岡町(現・旭市[2]
生年月日 (1952-08-01) 1952年8月1日(68歳)
身長 172 cm[3][4]
職業 俳優声優ナレーター[5]
事務所 フクダ&Co.[3]
配偶者 あり
公式サイト 菅生 隆之 - 株式会社フクダ&Co.
俳優活動
活動期間 1972年 -
ジャンル テレビドラマ舞台
声優活動
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

菅生 隆之(すごう たかゆき、1952年8月1日[3][4] - )は、日本男性俳優声優ナレーター[5]千葉県飯岡町(現・旭市)出身[2]。フクダ&Co.所属[3]

経歴[編集]

八街学園高等学校(現:千葉黎明高等学校)卒業[6]

当初はギターの弾き語りに憧れギター教室に通っていたが、才能がないと感じていた頃、新聞の「歌、教えます」という募集がきっかけで、19~20歳頃に演劇カリキュラムもあった学校に入学。入学後、のちに恩師となる人物に出会い、その恩師が演出していた舞台に菅生が合格。俳優座劇場で舞台に立つ[2]

その後、恩師の知り合いの劇団に合格し入団。1年半ほど通うが、当時は演劇にあまり熱心でなかったことから「やっぱり違う」という感じで、アルバイトをしながらブラブラするようになる。すると恩師から「また辞めるの?」と訊かれ、文学座を受けるよう勧められる。最初は「文学座なんて受かるわけないでしょ」と答えたが、「いや、そんなことないよ。君は受かるよ」と言われたため受けてみたところ合格[2]1972年に文学座研究所に入所し、1979年には劇団の座員となる。ただし、外部の舞台にも多く出演していたことから初舞台は文学座公演ではなく、1978年に初演された蜷川幸雄演出の『ハムレット』であった[2]

声優としては、龍岡晋三津田健が主役の声を務めた映画にて、実況放送の声でデビュー。その後すぐに、『警察医サイモン・ロック』で主役の声を担当していた伊武雅刀が多忙だったことから何本かを引き継いで担当し、これが初主演となった[2]

2017年6月1日より、長年所属していた文学座を退座しフクダ&Co.の所属となる[7][8]

人物・エピソード[編集]

現在に至るまで、舞台テレビドラマなどの出演の他、洋画の吹き替えテレビアニメなどの声優としても活動している。

洋画の吹き替えではトミー・リー・ジョーンズジャン・レノエド・ハリス(この3名の吹き替えは特に多く、共に十数本の映画の吹替版で担当)、アレック・ボールドウィンウィリアム・ハートキアラン・ハインズジェフ・ブリッジスヒューゴ・ウィーヴィングミッキー・ロークアル・パチーノリーアム・ニーソンの声を主に担当。トミー・リー・ジョーンズの吹き替えは当初、映画のみの担当であったが、BOSSコーヒーのCMでジョーンズが演じる宇宙人ジョーンズの吹き替えを前任者の谷口節の逝去に伴い2013年4月放送の『大相撲篇』から引き継いでいる。『スタートレック』シリーズでは久松保夫の没後、多くの作品でスポックの声を担当している。

また、死去した小池朝雄石田太郎小川真司有本欽隆から持ち役の一部を引き継いでいる。

本人曰く吹き替えは、「自分にオファーが来た役を演じるというスタンス」であるらしい。また、吹き替えという仕事に臨む姿勢については「吹替も舞台も演じるということでは一緒なんです。だから、「人間」を演じたい。「そこにちゃんと呼吸している人がいる」、そう思ってもらえる吹替をやれたらいいなと思いますね」と話している[9]

過去作の追加録音などで代役を担当することもあるが、これについては「決してやり良いものではない」と話しており、「完全に真似るなんて不可能だし、それを目指すことには興味がないです。自分自身が納得できるお芝居ができて、観る人が違和感を感じないギリギリのところのせめぎ合い」で演じていると話している[9]

昔はアニメの仕事は意識的にやらないように距離を取っていたが、ある時期からやるようになった。当初は不慣れであったが、ようやくレギュラーで落ち着いて演じられたのは『ヒートガイジェイ』だという[2]

高校時代は陸上部(種目はハードル)に所属しており、本人いわく「千葉県で一番速かった」とのこと[10]

既婚者で妻がおり、菅生によれば「普通の人」らしい[10]。また男の孫が二人いる[10]

同じく俳優・声優である壤晴彦とは長年の友人である[11]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

1994年
1996年
1998年
1999年
2000年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
  • ONE PIECE(2010年 - 2020年、シリュウ)
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年

劇場アニメ[編集]

1999年
2007年
2008年
2009年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
  • コードギアス 亡国のアキト 第3章「輝くもの天より堕つ」(ヴェランス大公)
  • 屍者の帝国(ザ・ワン[42]
2017年
2018年

OVA[編集]

1997年
2000年
2002年
2005年
2010年
2011年
2012年
2017年

Webアニメ[編集]

  • HERO MASK(2018年、スティーブン・マートランド[47]
  • バキ(2020年、愚地独歩)

ゲーム[編集]

1995年
1998年
2002年
2003年
2004年
2005年
  • BLEACH シリーズ(2005年 - 2010年、斬月) - 10作品[注 1]
  • スプリンターセル パンドラトゥモロー(ダグラス・シェットランド)
  • スプリンターセル カオスセオリー(ダグラス・シェットランド)
  • ローグギャラクシー(アルビオス)
  • 幽☆遊☆白書FOREVER(雷禅)
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

アル・パチーノ
アレック・ボールドウィン
ウィリアム・ハート
エド・ハリス
キアラン・ハインズ
キーファー・サザーランド
クリス・クーパー
クリストファー・ウォーケン
ケネス・ブラナー
サム・ニール
ジェフ・ブリッジス
ジャンカルロ・ジャンニーニ
ジャン・レノ
ジョアキム・デ・アルメイダ
ジョン・ノーブル
スティーヴン・ラング
  • アバター(マイルズ・クオリッチ大佐[71]
  • テラノバ/Terra Nova(ナサニエル・テイラー司令官)
  • ビヨンド・ワルキューレ カリーニングラードの戦い(ラインハルト大将)
ダン・エイクロイド
デニス・クエイド
デニス・リアリー
デビッド・ハッセルホフ
トミー・リー・ジョーンズ
トム・ウィルキンソン
トム・セレック
トム・ベレンジャー
  • 硝子の塔(ジャック・ランズフォード)※ソフト版
  • 疑惑の幻影(ジャック・カンピオーニ)※ソフト版
  • 相続人(ピート・ランドル)※フジテレビ版
  • トム・ベレンジャー in 処刑岬(アート)
バート・レイノルズ
ハリソン・フォード
ヒューゴ・ウィーヴィング
ブルース・ウィリス
ブレット・カレン
マイケル・アイアンサイド
ミッキー・ローク
メル・ギブソン
モーガン・フリーマン
リーアム・ニーソン
リチャード・ギア
レナード・ニモイ
ロバート・レッドフォード

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

その他[編集]

特撮[編集]

2013年
2014年

CD[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ヒート・ザ・ソウル』『ヒート・ザ・ソウル2』『選ばれし魂』(2005年)、『ヒート・ザ・ソウル3』(2006年)、『ヒート・ザ・ソウル4』(2007年)、『ソウル・カーニバル』『ヒート・ザ・ソウル5』(2008年)、『ヒート・ザ・ソウル6』『ソウル・カーニバル2』(2009年)、『ヒート・ザ・ソウル7』(2010年)
  2. ^ 『ナルティメットストームジェネレーション』(2012年)、『ナルティメットストーム3』(2013年)、『ナルティメットストームレボリューション』[49](2014年)、『ナルティメットストーム4』[50](2016年)
  3. ^ 敵対する役柄でテレビ朝日版にも2作両方出演している。

出典[編集]

  1. ^ 『日本タレント名鑑(2019年版)』VIPタイムズ社、2019年1月26日、198頁。ISBN 978-4-904674-10-9。
  2. ^ a b c d e f g 菅生隆之. 吹替の帝王 菅生隆之 インタビュー 前編. インタビュアー:とり・みき. 吹替の帝王, 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント.. http://video.foxjapan.com/library/fukikae/interview/interview52/ 2019年2月2日閲覧。 
  3. ^ a b c d 菅生 隆之”. フクダ&Co.. 2020年1月26日閲覧。
  4. ^ a b 菅生 隆之”. 日本タレント名鑑. 2020年2月17日閲覧。
  5. ^ a b 菅生 隆之”. タレントデータバンク. 2020年4月4日閲覧。
  6. ^ 『日本タレント名鑑(2011年版)』VIPタイムズ社、2011年1月27日、200頁。ISBN 978-4-904674-02-4。
  7. ^ フクダ&Co.公式アカウント(@fukudaandco)による2017年6月1日のツイート2019年2月2日閲覧。
  8. ^ 菅生隆之プロフィール”. フクダ&Co.. 2019年2月2日閲覧。
  9. ^ a b 菅生隆之. 吹替の帝王 菅生隆之 インタビュー 後編. インタビュアー:とり・みき. 吹替の帝王, 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント.. https://video.foxjapan.com/library/fukikae/interview/interview52_2/ 2019年2月2日閲覧。 
  10. ^ a b c ラジオCD「YRAラジオヤマト」 データDVD 第26回より。
  11. ^ 「菅生隆之インタビュー」『獣電戦隊キョウリュウジャー公式完全読本』ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK〉、2014年、47頁。
  12. ^ “ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密”. トムス・エンタテインメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=462 2016年5月2日閲覧。 
  13. ^ 『地獄少女』約8年ぶりTVアニメ最新作 7月放送決定”. ORICON NEWS. オリコン. 2017年3月3日閲覧。
  14. ^ キャストリスト”. 新釈 眞田十勇士 公式サイト. 2010年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月12日閲覧。
  15. ^ ガラスの艦隊”. GONZO公式サイト. 2016年5月16日閲覧。
  16. ^ 絶対可憐チルドレン - 文化庁メディア芸術データベース
  17. ^ ルパン三世 sweet lost night 〜魔法のランプは悪夢の予感〜 - 文化庁メディア芸術データベース
  18. ^ CAST”. TVアニメ『ZETMAN』公式サイト. 2012年1月10日閲覧。
  19. ^ スタッフ&キャスト”. 宇宙戦艦ヤマト2199. 2011年12月23日閲覧。
  20. ^ キャスト”. アニメ「義風堂々!!」公式サイト. 2013年9月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月21日閲覧。
  21. ^ サムライフラメンコ - 文化庁メディア芸術データベース
  22. ^ ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜”. 金曜ロードSHOW!. 日本テレビ. 2013年10月28日閲覧。
  23. ^ “登場人物”. 金田一少年の事件簿リターンズ 2014年サイト. http://www.toei-anim.co.jp/tv/kindaichi_r2014/character/index.html 2016年2月11日閲覧. "獄門塾殺人事件" 
  24. ^ EPISODE18”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2014年8月1日閲覧。
  25. ^ Staff & Cast”. TVアニメ『東京喰種トーキョーグール』公式サイト. 2017年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月19日閲覧。
  26. ^ 第二期 Staff & Cast”. TVアニメ『東京喰種トーキョーグール』公式サイト. 2014年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月1日閲覧。
  27. ^ STAFF & CAST”. TVアニメ『魔弾の王と戦姫』. 2014年9月27日閲覧。
  28. ^ STAFF & CAST”. アニメ『アルスラーン戦記』公式サイト. 2015年3月15日閲覧。
  29. ^ STAFF & CAST”. アニメ「アルスラーン戦記 風塵乱舞」公式サイト. 2016年7月3日閲覧。
  30. ^ STAFF & CAST”. TVアニメ「侍霊演武:将星乱」公式サイト. 2016年8月4日閲覧。
  31. ^ ハーマン・MのCVが公開!”. アニメ『文豪ストレイドッグス』公式サイト (2016年11月18日). 2016年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月18日閲覧。
  32. ^ “CHARACTER”. TVアニメ『ヘヴィーオブジェクト』公式サイト. http://heavyobject.net/chara/buffer.html 2016年2月11日閲覧。 
  33. ^ TVアニメ『銀のガーディアン』”. 2017年12月6日閲覧。
  34. ^ STAFF / CAST”. 『プリンセス・プリンシパル』公式サイト. 2019年2月2日閲覧。
  35. ^ STAFF/CAST”. TVアニメ「ゴールデンカムイ」公式サイト. 2020年3月14日閲覧。
  36. ^ キャスト・スタッフ”. TVアニメ「バキ」公式サイト. 2018年5月29日閲覧。
  37. ^ 春アニメ『キャロル&チューズデイ』に声優の大塚芳忠さん、菅生隆之さんが出演! 好評につきLINE LIVE特番が本日5月8日21時30分より再配信に!”. アニメイトタイムズ (2019年5月8日). 2019年5月8日閲覧。
  38. ^ STAFF / CAST”. TVアニメ「ヴィンランド・サガ」公式サイト. 2019年6月2日閲覧。
  39. ^ VEXILLE - 文化庁メディア芸術データベース
  40. ^ キャスト”. コードギアス亡国のアキト公式サイト. 2013年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月21日閲覧。
  41. ^ キャスト&スタッフ”. 宇宙戦艦ヤマト2199 公式サイト. 2014年9月9日閲覧。
  42. ^ “『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』に続くノイタミナムービー第2弾「Project Itoh」より、『屍者の帝国』のメインキャストが解禁!細谷佳正、村瀬歩、花澤香菜ら豪華キャストが集結!”. M-ON! Press. (2015年7月17日). http://www.m-on.press/lisani/0000017897 2015年7月17日閲覧。 
  43. ^ 『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門 設定資料集』トムス・エンタテインメント、2017年、96頁。
  44. ^ STAFF&CAST|劇場版「フリクリ プログレ」公式サイト - ウェイバックマシン(2019年12月22日アーカイブ分)
  45. ^ 機動戦士ガンダムUC - 文化庁メディア芸術データベース
  46. ^ STAFF & CAST|宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち”. 公式サイト. 宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会. 2017年10月15日閲覧。
  47. ^ STAFF/CAST”. 「HERO MASK」公式サイト. 2018年11月2日閲覧。
  48. ^ 『魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD』マサキらの前に立ちはだかるエース級の操者たち! 個性豊かなキャラと機体を紹介”. 電撃オンライン. 2011年12月19日閲覧。
  49. ^ キャラクター”. NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームレボリューション. 2014年7月29日閲覧。
  50. ^ キャラクター”. NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4. 2015年12月7日閲覧。
  51. ^ コール オブ デューティ ゴースト[吹き替え版 主要キャスト]”. コール オブ デューティ ゴースト オフィシャルサイト. 2013年12月6日閲覧。
  52. ^ 浜村弘一, 編纂.「第1報 ドラゴンズドグマ:ダークアリズン」『週刊ファミ通』2012年12月20日増刊号、エンターブレイン、2012年12月6日、 29頁。
  53. ^ 『Bioshock Infinite(バイオショック インフィニット)』朴ロ美、飛田展男など脇を固める豪華キャスト陣の情報が公開”. ファミ通.com. Gzブレイン. 2013年3月8日閲覧。
  54. ^ 『バイオハザード6 Special Package(スペシャルパッケージ)』“日本語ボイスパック”など収録DLCを紹介”. ファミ通.com. Gzブレイン. 2013年7月4日閲覧。
  55. ^ 【TGS 2012】「メタルギア ライジング リベンジェンス」の新トレーラーが初公開!小島プロダクション作品が揃い踏みのラインナップステージレポート”. Gamer. イクセル. 2012年9月22日閲覧。
  56. ^ Character”. 絶対迷宮 秘密のおやゆび姫. 2015年3月20日閲覧。
  57. ^ キャラクター”. 『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』公式ホームページ. 2015年2月5日閲覧。
  58. ^ 3DS『大逆転裁判』の声優が発表! 成歩堂龍ノ介役は下野紘さん【超会議2015】”. 電撃オンライン. KADOKAWA. 2015年4月25日閲覧。
  59. ^ 『ファミ通』2015年2月5日号、エンターブレイン、2015年1月22日。
  60. ^ 【電撃PS】『東亰ザナドゥ』に3人のメガネキャラ登場! 『閃の軌跡』でなじみ深いあの人物も参戦!?”. 電撃オンライン. KADOKAWA. 2015年6月24日閲覧。
  61. ^ [TGS 2016]硬派な世界観が魅力の爽快スマホアクションRPG「武器よさらば」の情報解禁発表会をレポート”. 4Gamer.net. Aetas (2016年9月16日). 2016年9月24日閲覧。
  62. ^ CHARACTER”. 仁王. コーエーテクモゲームス. 2017年1月26日閲覧。
  63. ^ キャラクター”. ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王. 任天堂. 2017年4月5日閲覧。
  64. ^ CHARACTERS”. デモンエクスマキナ 公式Webサイト. マーベラス. 2019年7月31日閲覧。
  65. ^ キャラクター”. ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S. スクウェア・エニックス. 2019年4月2日閲覧。
  66. ^ 「龍が如く ONLINE」,範馬刃牙・愚地独歩ら「バキ」コラボで登場するキャラ達の情報が公開に。各々のストーリー(あらすじ)も掲載”. 4Gamer.net (2020年7月3日). 2020年7月8日閲覧。
  67. ^ “話題のふきカエ アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”. ふきカエル大作戦!!. (2018年6月19日). https://www.fukikaeru.com/?p=9503 2018年6月19日閲覧。 
  68. ^ “話題のふきカエ ジオストーム”. ふきカエル大作戦!!. (2017年12月20日). http://www.fukikaeru.com/?p=8486 2017年12月20日閲覧。 
  69. ^ フラットライナーズ(2017)”. ふきカエル大作戦!! (2018年4月9日). 2018年4月9日閲覧。
  70. ^ 「キングスマン」続編の吹替版に中村悠一、田中敦子ら参加!木村昴と森田順平が続投”. 映画ナタリー. 2017年12月7日閲覧。
  71. ^ アバター”. 日曜洋画劇場. テレビ朝日. 2016年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月21日閲覧。
  72. ^ 菅生隆之”. 文学座. 2016年11月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年2月2日閲覧。
  73. ^ “『ホビット 決戦のゆくえ』レジェンド級の声優集う!! 「こんな吹替版は二度と作れない」”. 海外ドラマNAVI (WOWOW). http://dramanavi.net/news/2014/11/post-3255.php 2014年11月18日閲覧。 
  74. ^ ジョーカー”. ふきカエル大作戦!! (2019年12月23日). 2019年12月28日閲覧。
  75. ^ 特攻野郎Aチーム THE MOVIE”. 日曜洋画劇場. テレビ朝日. 2016年8月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月24日閲覧。
  76. ^ “アラジン”. ふきカエル大作戦!!. (2019年6月7日). https://www.fukikaeru.com/?p=11925 2019年6月12日閲覧。 
  77. ^ ルフィ×ゾロ×峰不二子「キング・オブ・エジプト」に超豪華声優陣が集結!”. 映画.com. 2016年6月23日閲覧。
  78. ^ ステルス”. 金曜ロードSHOW!. 日本テレビ. 2016年8月4日閲覧。
  79. ^ スノーホワイト”. ふきカエル大作戦!! (2012年6月13日). 2017年9月10日閲覧。
  80. ^ PLANET OF THE APES 猿の惑星〜PLANET OF THE APES〜”. 日曜洋画劇場. テレビ朝日. 2016年9月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月6日閲覧。
  81. ^ ワンダーウーマン”. ふきカエル大作戦!!. 2017年8月19日閲覧。
  82. ^ 登場人物”. 薔薇の名前. NHK. 2019年12月1日閲覧。
  83. ^ 登場人物”. ヘチ 王座への道. NHK. 2019年12月1日閲覧。
  84. ^ ホワイトハウス・ファームの惨劇 〜バンバー一家殺人事件〜”. WOWOW. 2020年9月15日閲覧。
  85. ^ “話題のふきカエ インクレディブル・ファミリー”. ふきカエル大作戦!!. (2018年8月1日). https://www.fukikaeru.com/?p=9783 2018年8月1日閲覧。 
  86. ^ Netflixアニメ「ドラゴンズドグマ」日本語吹き替え版に中村悠一、水樹奈々ら”. コミックナタリー (2020年9月3日). 2020年9月3日閲覧。
  87. ^ キャスト&スタッフ”. 劇場版 仮面ライダーウィザード イン マジックランド/劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック. 2013年6月3日閲覧。
  88. ^ 公式サイト”. 獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ. 2013年11月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月12日閲覧。
  89. ^ ハイパーホビー』2014年5月号、徳間書店、2014年4月1日、 [要ページ番号]
  90. ^ ヒーローズ編集部