菅田壱道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 自転車競技
ジュニア世界選手権自転車競技大会
2004 モスクワ チームスプリント

菅田 壱道(すがた かずみち、1986年5月9日- )は、競輪選手宮城県出身。日本競輪学校第91期卒業。日本競輪選手会宮城支部に所属。

経歴[編集]

父は、日本競輪学校第47期生の菅田彰人(引退)。また、弟の菅田謙仁(109期)、叔父の菅田順和(36期、引退)、従兄弟の菅田和宏(88期)・菅田賀子(104期)も競輪選手という、競輪一家で育つ。

仙台商業高校に進学してから本格的に自転車競技に取り組み、2004年ジュニア世界選手権自転車競技大会のチームスプリント(ロサンゼルス)において、柴崎淳大西祐とのトリオで2位に入る。1回戦で記録した47秒110は、250mバンクのジュニア日本記録である(2011年現在)。

その他、国民体育大会1kmタイムトライアルにおける優勝歴もある。

2005年、柴崎、大西とともに、競輪学校第91期生として入学。2006年7月17日千葉競輪場でデビュー(6着)。

2007年3月11日玉野競輪場で行われたルーキーチャンピオンレースにおいて、柴崎らを破って優勝。2008年ヤンググランプリ(9着)に出場。2009年久留米記念を制した。

2016年8月、第59回オールスター競輪松戸競輪場)でGI決勝初進出[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]