菅田橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
菅田橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 福島県二本松市本宮市
交差物件 阿武隈川
路線名 二本松市道南杉田白沢線
施工者 ピーエス三菱、野地組など
竣工 2012年2月29日
座標 北緯37度33分13秒 東経140度26分7.7秒 / 北緯37.55361度 東経140.435472度 / 37.55361; 140.435472座標: 北緯37度33分13秒 東経140度26分7.7秒 / 北緯37.55361度 東経140.435472度 / 37.55361; 140.435472
構造諸元
形式 3径間PC連結少主桁橋
全長 148.5 m
10.0 m(車道部7.5 m、歩道部2.5 m)
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

菅田橋(すがたばし)は、福島県二本松市本宮市に跨る道路橋である。

概要[編集]

二本松市杉田地区と本宮市和田地区を隔てる一級河川阿武隈川に架かり、二本松市道南杉田白沢線を通す。現在供用されている橋は2012年に開通した全長148.5 mのPC桁橋である。施工はピーエス三菱、野地組など。橋上は上下対向2車線で供用されており、片側に歩道が設置されている。

沿革[編集]

1968年に、それまでの渡し船に変わり初代菅田橋の建設が行われ、全長136.0 m、幅員4.5 m[4]の橋が竣工した[5]。以後40年以上に渡り当地の交通を担うこととなるが、幅員狭小で大型車の離合が不可能であり、歩車分離が行われず歩行者の通行に危険があったことが課題であった。1994年度に当時の建設省による交流ふれあいトンネル・橋梁整備事業に認定され、2002年度より基本計画策定と地質調査が行われ、2012年2月29日に竣工、供用開始。周辺工事の完成を待って同年10月2日に開通式典が行われた[6]

周辺[編集]

隣の橋[編集]

(上流) - 安達太良大橋 - 菅田橋 - 舟形橋 - (下流)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 菅田橋 - 一般社団法人プレストレスト・コンクリート建設業協会
  2. ^ 二本松市橋梁定期点検・診断結果 - 二本松市役所
  3. ^ Vol.116 菅田橋が通行できるようになりました - 国土交通省福島河川国道事務所郡山出張所
  4. ^ 菅田橋の完成祝う/開通・渡橋式で渡り初めなど/二本松・本宮市 - 福島建設工業新聞社
  5. ^ 旧白沢村のあゆみ - 本宮市役所
  6. ^ Vol.125 - 国土交通省福島河川国道事務所郡山出張所