菅野勘兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

菅野 勘兵衛(すがの かんべえ)は、仙台藩伊達家の家臣。 太白区坪沼出身。六尺三寸(約190cm)の大男で参勤交代時に仙台藩伊達様のかごを一人で担いで、江戸城大手門を入場し、江戸の民を大いに驚かせた。

通称”駕籠かつぎのお六尺””伊達の六尺様”[1]

その他[編集]

  • 現在でも坪沼近辺の菅野姓には、大男が多い。[1]
  • 江戸で相撲取りになるよう進められたが、一生涯故郷の坪沼を愛し離れなかった。

出典[編集]

  1. ^ a b 渡辺信夫、大石直正、今泉隆雄、難波信雄『宮城県の歴史 (県史)』(山川出版社、1999年)