菅野和太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

菅野 和太郎(かんの わたろう、1895年6月20日 - 1976年7月6日)は、日本政治家大阪経済大学教授。

来歴・人物[編集]

愛媛県生まれ。1920年京都帝国大学経済学部を卒業後、昭和高等商業学校(現在の大阪経済大学)教授として活躍。1945年には理事長に就任した。この間、1942年旧大阪4区から翼賛政治体制協議会の推薦候補として翼賛選挙に立候補し初当選、以後通算9回当選した。戦前は翼賛政治会翼壮議員同志会に所属し、戦後は翼賛選挙で推薦候補だったため公職追放。追放解除後改進党公認で第25回衆議院議員総選挙に立候補し当選、政界に返り咲いた。1954年、日本国際貿易促進協会関西総局総局長に就任。日本民主党を経て保守合同後は自由民主党三木派に属した。

1959年第2次岸改造内閣経済企画庁長官に就任。1966年第1次佐藤第3次改造内閣外務大臣に横滑りした派閥領袖の三木武夫に代わり通商産業大臣に就任。1968年第2次佐藤再改造内閣で、宮澤喜一の後任として再び経済企画庁長官に就任。通産大臣就任後から早川崇などとともに佐藤栄作福田赳夫に接近する。1972年の佐藤後継を決める自民党総裁選で福田を支持し、早川・中村寅太とともに三木派から除名された。

1975年、日本国際貿易促進協会関西本部会長に就任。1976年7月6日、死去。81歳没。「ワタロー」の愛称で庶民派として親しまれた。

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『日本商業史』日本評論社 1930
  • 『日本会社企業発生史の研究』岩波書店 1931
  • 『大阪経済史研究』甲文堂書店 大阪商科大学研究叢書 1935 のち清文堂書店
  • 『経済史上より見たる大阪』星野書店 1935
  • 『新商業道徳』教育図書 1940
  • 近江商人の研究』有斐閣 日本経済史研究所研究叢書 1941
  • 『新大阪論』全国書房 1942
  • 『幕末維新経済史研究 開国と貿易』ミネルヴァ書房 大阪経済大学日本経済史研究所叢書 1961
  • 『日本会社企業発生史の研究』経済評論社 1966
  • 『新しい政治』日本政治経済新聞社 1975
翻訳
  • ロバート・ヴィルブラント『国民経済史』四宮恭二共訳 内外出版印刷 1928

脚注[編集]

公職
先代:
宮澤喜一
世耕弘一
日本の旗 経済企画庁長官
第19代:1968年 - 1970年
第8代:1959年 - 1960年
次代:
佐藤一郎
迫水久常
先代:
三木武夫
日本の旗 通商産業大臣
第28・29代:1966年 - 1967年
次代:
椎名悦三郎