菅野純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

菅野 純(かんの じゅん、1950年 - )は日本心理学者。専門は学校カウンセリング早稲田大学名誉教授

経歴[編集]

  • 心理検査『KJQ調査』(菅野純グループ編|実務教育出版)の開発者である。
  • 日本経済新聞のコラムに連載していたことがある。また、『月刊言語』8月号(大修館書店、2004年)の巻頭エッセイが文藝春秋のベストエッセイに選ばれ、『’05年版ベスト・エッセイ集 片手の音』(文藝春秋、2006年)に収録される。
  • 政治家塩川正十郎との対談が、『日本の心 塩川正十郎対談集』(日本武道館、2006年)に収録されている。
  • 朝日新聞天声人語』(2007年9月7日朝刊)に著書が紹介されている。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『子どもの見える行動・見えない行動』(瀝々社、1990年)ISBN 494760316X
  • 『心の声、聞こえていますか』(瀝々社、1992年)ISBN 4947603178
  • 『教師のためのカウンセリングゼミナール』(実務教育出版、1995年)ISBN 4788960737
  • 『いじめ: 子どもの心に近づく』(丸善<丸善ブックス>、1996年)ISBN 4621060562
  • 『教師のためのカウンセリングワークブック』(金子書房、2001年)ISBN 4760822941
  • 『武道: 子どもの心をはぐくむ』(日本武道館、2001年)ISBN 4583036485
  • 『子どものこころを育てる「ひとこと」探し』(ほんの森出版、2002年)ISBN 4938874326
  • 『反省的家族論: カウンセラーが語る「私」の原体験』(実務教育出版、2003年)ISBN 4788914417
  • 『子どもの問題と「いまできること」探し』(ほんの森出版、2005年)ISBN 4938874490
  • 『教師のためのカウンセリング実践講座』(金子書房、2007年)ISBN 4760823352
  • 『不登校: 予防と支援Q&A70』(明治図書出版、2008年)ISBN 4181488101
  • 『教師の心のスイッチ: 心のエネルギーを補給するために』(ほんの森出版、2009年)ISBN 4938874660
  • 『わが子の「やる気スイッチ」はいつ入る?』(主婦の友社、2009年)ISBN 4072669792
  • 『続 わが子の「やる気スイッチ」はいつ入る? わが子のスイッチオンを見るために親ができること』(主婦の友社、2013年)ISBN 4072870595

編著[編集]

  • 『学級崩壊と逸脱行動』(開隆堂出版、2003年)ISBN 4304040960
  • 『問題行動へのアプローチ』(開隆堂出版、2003年)ISBN 4304041002
  • 『現代のエスプリ 471: 教師のための学校カウンセリング学・小学校編』(至文堂、2006年)ISBN 4784354719

共編著[編集]

  • 坂野雄二・佐藤正二・佐藤容子)『ベーシック現代心理学8: 臨床心理学』(有斐閣、1996年)ISBN 4641086087
  • 春木豊)『子どもをとりまく生活環境』(開隆堂出版、2003年)ISBN 4304040839
  • (桂川泰典)『いじめ予防と対応Q&A73』(明治図書出版、2012年)ISBN 4181489299
  • (嶋田洋徳・坂井秀敏・山﨑茂雄)『人間関係スキルアップ・ワークシート-ストレスマネジメント教育で不登校生徒も変わった!』(学事出版、2010年)ISBN 4761917326