菅野詩朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

菅野 詩朗(すがの しろう、1952年9月1日 - )は、フリーアナウンサーで、文化放送の元アナウンサー。TCPアーティスト及び東京フィルム・メートに所属

北海道札幌市北区[1]出身。札幌光星高等学校東海大学文学部広報学科卒業後、1975年、文化放送にアナウンサーとして入社(同期に小俣雅子など)。

来歴・人物[編集]

スポーツアナウンサーとして、「大相撲熱戦十番」「ライオンズナイター」「ホームランナイター」、オリンピック中継などを担当。1998年、スポーツ部ディレクターに異動。その後アナウンサーに復帰したが、箱根駅伝中継のレポートや年1回放送の「日本大相撲トーナメント」の総合司会などを除いて、スポーツ関連以外の番組を担当することが多かった。

2006年4月から2007年3月までの1年間、劇団ふるさときゃらばんに於いて、ミュージカル俳優としての修業を経験。同局の関連会社である「文化放送開発センター」が主催する「ミュージカル体験塾」事業の一環として行なわれた。

ミュージカル修業終了後の2007年5月22日、「ライオンズナイター」(西武ライオンズ横浜ベイスターズ戦)の実況を担当。ナイター中継の実況は、実に9年ぶりであった。これ以後、ナイター中継の実況に本格復帰。

同年7月の人事異動で、同局の編成局スポーツ部部長に就任。以後、部長職とアナウンサーを兼務。編成局スポーツ部はその後、報道制作部と統合。2010年12月より、編成局 報道スポーツ制作部に改称された。

2012年9月末をもって文化放送を定年退職。同年9月4日の「ライオンズナイター」の西武対ソフトバンク戦が最後の実況となり、試合終了後のスタジオに1歳年下の福井謙二(当時、フジテレビアナウンサー)から直筆で退職をねぎらうファックスが送られた。

なお、2013年度もフリーアナウンサーとして、文化放送製作のプロ野球中継に引き続き出演することになった(放送上の名義は「文化放送の菅野詩朗アナウンサー」)。ただし原則として、NRNナイターとして放送される土曜・日曜と、西武戦ナイター以外の月曜(主にNRN系列局の裏送り分、いずれもデーゲームを含む)のみの担当となる[2]。平日の「ライオンズナイター」は担当しない代わりに、同番組OBという立場で、中継カードの無い場合に放送される「ライオンズナイターSET UP!!」で冠コーナー(2013年度は「菅野獅子朗 オレのレオ」、2014年度は「菅の海詩朗・名力士列伝」)を担当している。

文化放送以外の番組では、テレ朝チャンネル2プロ野球完全中継 全力!ライオンズ」や、J SPORTSの柔道中継、フジテレビONEの「プロ野球ニュース」のキャスターで実況も務める。

出演番組[編集]

文化放送在籍時の出演番組[編集]

  文化放送の番組に於いて、タイトルコールを担当する事が多い。

フリー後の出演番組[編集]

エピソード[編集]

  • 過去『ライオンズナイター』『ホームランナイター』の実況をしていた頃は、担架で運ばれた選手に対して「ヘルメットで運ばれた」と言う・マウンドを「土俵」と言う・「3対3、逆転、2点リードです」・実況アナと自分の名前を間違える・「ワンナウト、ランナー一塁二塁」と言うところ「ワンナウト、ランナーいちじるしい」と言う・デッドボールの際に「ボールが肉にぶつかった」など、数々の珍実況・迷実況を連発しており、NG集だけを集めたCDが文化放送に存在する[3][4][5]
  • 同局アナウンサーの野村邦丸(本名:野村邦夫)の名付け親でもある。逆に、邦丸から「くにまるワイド ごぜんさま〜」において「パスカル菅野」と呼ばれていた。また、かつてのマイクネームは「ダイナマイト菅野」であった。また、生前の本人が驚いたというほど、顔はジャンボ鶴田に似ており「ジャンボ小鶴田」というニックネームもあった。
  • 作家の佐野正幸は高校時代の同級生であり、かつてナゴヤ球場で近鉄 - 西武戦の試合で実況を担当した時には、試合後に、一緒に飲みに出ることも多かったという。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ラジオマガジン」1982年6月号
  2. ^ 退職後の初出演は2013年4月27日「KBCダイナミックホークス実況中継」向けの千葉ロッテマリーンズ福岡ソフトバンクホークス戦のベンチリポーター。ならびに初実況は6月22日「ABCフレッシュアップベースボール」(NRN系列局・ABCラジオ)向けの裏送り中継・横浜DeNAベイスターズ阪神タイガース戦(名目上は東京ドームの巨人対中日のNRN第1予備カード)であった。
  3. ^ 第35回 スポーツ実況に迫れ! 文化放送アナウンサー菅野詩朗の場合 前編 - 『お前の目玉は節穴か season2』
  4. ^ 『ユーモア・スピーチの達人』坂信一郎著 PHP研究所刊
  5. ^ MISOJIN アナウンサー 菅野詩朗さん - 『Miso Girl』