菊ノ尾通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 西区 > 菊ノ尾通
菊ノ尾通
菊ノ尾通の位置(愛知県内)
菊ノ尾通
菊ノ尾通
菊ノ尾通の位置
菊ノ尾通の位置(名古屋市内)
菊ノ尾通
菊ノ尾通
菊ノ尾通の位置
北緯35度11分11.92秒 東経136度52分50.677秒 / 北緯35.1866444度 東経136.88074361度 / 35.1866444; 136.88074361
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
Emblem of Nishi, Nagoya, Aichi.svg西区
町名制定 1941年(昭和16年)10月14日
町名廃止 1994年(平成6年)2月14日
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
451
ナンバープレート 名古屋

菊ノ尾通(きくのおとおり・きくのおどおり)は、愛知県名古屋市西区にあった地名。また、町内中央を通過していた国道22号の通称のひとつでもある。町名の読みは「きくのおとおり」と濁らない。郵便番号は451。現在の名西則武新町1丁目の各一部に相当する。

地理[編集]

名古屋市西区南部に位置していた[1]。廃止時点で東は押切、南北とも南押切町・平野町、西は上更通に接していた。西から順に3丁目まで設定されていた。町内中央を東西に国道22号が通過している。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

南押切の旧字名に由来するという[2]

沿革[編集]

交通[編集]

バス[編集]

道路[編集]

  • 国道22号 - この地域付近では通称として菊ノ尾通と称される

施設[編集]

  • 市営南押切荘

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1506.
  2. ^ a b 名古屋市計画局 1992, p. 220.
  3. ^ 名古屋市計画局 1992, p. 759.
  4. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 464.
  5. ^ 名古屋市計画局 1992, p. 758.
  6. ^ 『広報なごや No.554(西区版)』名古屋市、1994年2月1日、10頁。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年、464頁・1506頁。ISBN 4040012305。
  • 『なごやの町名』名古屋市計画局、1992年。
  • 『タウンアトラス 名古屋』アルプス社、1991年、38頁。ISBN 4-900109-07-X。

関連項目[編集]