菊亭公長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
菊亭公長

菊亭 公長(きくてい きんおさ、1889年明治22年)1月8日[1] - 1944年昭和19年)9月23日[1][2])は、日本の華族貴族院侯爵議員東山天皇男系七世子孫である。

経歴[編集]

華族・菊亭脩季の長男として生まれる[1][3]。父の死去に伴い、1905年11月6日、侯爵を襲爵[1][4]1914年1月7日、満25歳となり貴族院侯爵議員に就任[5][2]火曜会に所属し死去するまで在任した[2]

1915年、殿掌に就任したが[2]、同年4月15日に依願免となった[6]

栄典[編集]

親族[編集]

  • 妻 菊亭章子(あやこ、中山公憲の娘)[1]
  • 長女 鳥居福子(鳥居忠博の妻)[1]
  • 長男 菊亭実賢(侯爵)[1]
  • 姉 有馬英子(有馬頼多の妻)[1]
  • 妹 北島幸子(ゆきこ、北島貴孝の妻)[1]

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東山天皇
 
中御門天皇
 
桜町天皇
 
桃園天皇
 
後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直仁親王
 
典仁親王
 
光格天皇
 
仁孝天皇
 
孝明天皇
 
明治天皇
 
大正天皇
 
昭和天皇
 
太上天皇
 
今上天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷹司輔平
 
鷹司政煕
 
鷹司政通
 
鷹司輔煕
 
鷹司輔政
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菊亭脩季
 
菊亭公長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『平成新修旧華族家系大成』上巻、483頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』15頁。
  3. ^ 『人事興信録』第14版上、キ52頁。
  4. ^ 『官報』第6708号、明治38年11月7日。
  5. ^ 『官報』第432号、大正3年1月9日。
  6. ^ 『官報』第809号、大正4年4月16日。
  7. ^ 『官報』第2164号「叙任及辞令」1934年3月22日。
  8. ^ a b 八幡和郎「今上天皇に血統の近い知られざる『男系男子』たち」『新潮45』36巻1号、新潮社2017年1月18日、42頁。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版上、1943年。


日本の爵位
先代:
菊亭脩季
侯爵
菊亭家第2代
1905年 - 1944年
次代:
菊亭実賢