菊亭脩季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
菊亭脩季

菊亭 脩季(きくてい ゆきすえ/ながすえ、安政4年5月6日1857年5月28日) - 明治38年(1905年10月8日)は、貴族院侯爵議員。従一位東山天皇男系六世子孫である。

経歴[編集]

安政4年(1857年)5月6日山城国京都)に生まれる。実父は関白鷹司輔熙。叔母(実父・輔熙の妹)の美津子が今出川実順の正室であった縁から、元治元年(1864年)、今出川家(この時菊亭に改姓)を嗣ぐ。明治2年(1869年)2月、従四位下に進み東上して昌平黌に学び、明治5年(1872年)、東京に出て慶應義塾に学ぶ。明治11年(1878年)3月、開拓使御用掛に任ぜられ、札幌育種場に勤務。ついで農商務省御用掛に任ぜられ、明治17年(1884年)7月、侯爵を授けられる。明治35年(1902年)6月、従二位に陞る。立憲政友会幹事長に就任し、従一位。明治38年(1905年)10月8日病没。享年49。ほか、三条実美蜂須賀茂韶らと共に華族組合農場・雨竜農場創立にも尽力。

札幌市菊水との関連[編集]

現在の札幌市白石区菊水に、その名が残っている。これは菊亭の「菊」という字と豊平川の水を結びつけたことが由来である。明治20年(1887年)、脩季が、札幌育種場より当時の上白石村の桑園5町歩を3年間の条件で無償貸与され、ホップ園を開いたことによる。ホップ園は明治22年(1889年)には栽培を断念している[1]

家族・親族[編集]

権中納言今出川実順の養嗣子。実父は関白鷹司輔熙。実家の鷹司家は、実兄の輔政が早世し、煕通が養子に迎えられて跡を継いでいた。よって、閑院宮直仁親王の第四王子で鷹司家を継承した鷹司輔平の血統は菊亭家に引き継がれることとなった。

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東山天皇
 
中御門天皇
 
桜町天皇
 
桃園天皇
 
後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直仁親王
 
典仁親王
 
光格天皇
 
仁孝天皇
 
孝明天皇
 
明治天皇
 
大正天皇
 
昭和天皇
 
太上天皇
 
今上天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷹司輔平
 
鷹司政煕
 
鷹司政通
 
鷹司輔煕
 
鷹司輔政
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菊亭脩季
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サッポロビール広報部社史編纂室/編「道産ホップ栽培の中断と再興」『サッポロビール120年史 : since 1876』サッポロビール株式会社、1996年3月10日、114ページ。
  2. ^ a b 八幡和郎「今上天皇に血統の近い知られざる『男系男子』たち」『新潮45』36巻1号、新潮社2017年1月18日、42頁。
  3. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  4. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。
  5. ^ 『官報』第5688号「叙任及辞令」1902年6月21日。

関連項目[編集]

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
侯爵
菊亭家初代
1884年 - 1905年
次代:
菊亭公長