菊地博人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

Template:BLP 菊地 博人(きくち ひろと、1962年12月4日 - )は、日本のフリープロデューサー。 ゲームソフト開発の株式会社ジャレコで宣伝・広報を担当し、“菊地名人”としてテレビや雑誌などの各種メディアで活躍した。その後は、ゲームメーカーの株式会社セガで宣伝担当、国内初の無料総合ゲーム紙「GAMEゆーゆー」(現:ジャパニメイト)の営業を経て、株式会社リレーションズ代表取締役。[1]

来歴[編集]

1962年12月、東京に生まれる。東海大学政治経済学部経営学科を卒業後、株式会社ジャレコに入社し、家庭用ゲーム機ファミリーコンピュータ用ソフトの宣伝業務を担当。アーガスをきっかけに、TV番組「ファミっ子大集合」やゲーム雑誌に、“菊地名人”として数多く登場する。

退社後、映画配給会社の株式会社ギャガ・コミュニケーションズ(現・ギャガ株式会社)に入社、パブリシティ、ビデオプロモーション業務担当後、株式会社セガ・エンタープライゼス(現:株式会社セガ)に入社、セガサターンドリームキャスト用ゲームソフトの宣伝を手掛ける。

主な担当タイトルは、「ナイツ」「サクラ大戦」(共にセガサターン)、「ソニックアドベンチャー」(ドリームキャスト)があり、同ゲームのエンドロールにその名がクレジットされている。その後、国内初の家庭用ゲームソフト専門のフリーペーパー「GAMEゆーゆー」(現:ジャパニメイト)のプランニングマネージャーとして、有限会社好日館に参画。多くのゲーム会社とのリレーション構築に携わる。

作品[編集]

宣伝およびパブリシティ業務

出演番組[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シティ・コネクション 『ジャレコ・アーカイブズ』 p42