菊川多賀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

菊川 多賀(きくかわ たか、1910年11月16日-1991年1月15日)は、北海道札幌市出身の日本画家。本名は孝子。日本画家の菊川三織子は姪。日本美術院同人。日本美術院評議員。勲四等瑞宝章受章者。

来歴・人物[編集]

1910年、北海道札幌市で生まれる。上京後、父の友人であった日本美術院同人の清原斎に師事して絵を学んだ。戦後は堅山南風に師事。女性群像や歌舞伎文楽などを題材とした作品を残した。 日本美術院同人として、院展で院賞、文部大臣賞、総理大臣賞の各賞を受賞した。

受賞[編集]

  • 1961年 第46回院展日本美術院賞
  • 1962年 第47回院展日本美術院賞
  • 1963年 第48回院展日本美術院賞
  • 1972年 第57回院展文部大臣賞
  • 1982年 第67回院展内閣総理大臣賞