ヒシノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

株式会社ヒシノ(ひしの:旧商号は菊川株式会社)は、岐阜県各務原市に本社を置く酒造会社であった。

概要[編集]

  • 清酒焼酎リキュール類、みりん、工業用アルコール等を製造していた。
  • 酒造は岐阜工場(各務原市)で行なっていた。
  • かつては灘工場(神戸市灘区)があり、岐阜の酒造会社であるが、灘の酒造会社でもあった(灘五郷)。
  • 1992年(平成4年)に岐阜工場で電子水製造装置を設置し、一部の清酒用の水に、電子水を使用していた。
  • かつては、キリンビールの岐阜県の卸業を行なっていた。

所在地[編集]

  • 岐阜県各務原市鵜沼西町1丁目543番地

略歴[編集]

  • 1871年(明治4年) - 創業。
  • 1921年(大正9年) - 武藤醸造株式会社設立。
  • 1957年(昭和32年) - 灘工場(神戸市灘区)完成。
  • 1963年(昭和38年) - 菊川株式会社と改称。
  • 1998年(平成10年) - 灘工場(神戸市灘区)閉鎖。
  • 2003年(平成15年) - 本社を岐阜市茜部から各務原市鵜沼西町に移転。
  • 2014年(平成26年) - 会社分割の方法により酒造事業を承継する分割承継会社の全株式を、株式会社神戸物産へ譲渡。岐阜南税務署へ酒類免許を返納し、酒類製造事業から撤退。商号を菊川からヒシノへ変更[1]
  • 2016年(平成28年) - 清算手続き完了により解散[2]

代表的な銘柄[編集]

  • 2014年(平成26年)4月30日 - 会社分割の方法により神戸物産へ酒類事業を譲渡したため、銘柄はない。

その他[編集]

  • 衆議院議員武藤嘉門武藤嘉一武藤嘉文、及び前衆議院議員武藤容治が菊川の歴代社長であった。元々、菊川株式会社は、武藤家が経営する酒蔵であった。
  • 武藤家が歴代社長をつとめる武藤嘉商事は、菊川株式会社の一部が独立した会社である。

脚注[編集]

関連項目[編集]