菊水 (札幌市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 北海道 > 札幌市 > 白石区 > 菊水 (札幌市)
菊水
菊水駅
菊水の位置(札幌市内)
菊水
菊水
菊水の位置
座標: 北緯43度03分25.2秒 東経141度22分23秒 / 北緯43.057000度 東経141.37306度 / 43.057000; 141.37306
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Hokkaido Prefecture.svg 北海道
市町村 Flag of Sapporo, Hokkaido.svg 札幌市
行政区 白石区
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 003-0801〜09
市外局番 011[1]
ナンバープレート 札幌

菊水(きくすい)は、北海道札幌市白石区の地名。同区内の西南端に位置し、豊平川東岸に接する。

歴史[編集]

1871年(明治4年)11 - 12月、旧白石藩士67人が白石村に移住したが、低地を割り当てられたため翌春の水害に苛まれ、開拓使の許可を得て豊平川東岸沿いに再移住した[2]1873年(明治6年)12月には30戸の集落「新白石村」となり、翌1874年(明治7年)に「上白石村」と改名された[2]1878年(明治11年)、菊亭脩季侯爵が「菊亭農場」を開く[3]

1889年(明治22年)、札幌・江別間の道路が開通して東橋が架けられると、札幌との往来が便利になった上白石村は大いに発展した[2]1902年(明治35年)、上白石村は白石村に合併されて「大字上白石村」となる[2]1910年(明治43年)には上白石の一部が札幌区に編入され、1950年(昭和25年)に白石村全域が札幌市と合併した[2]

1954年(昭和29年)[2]、菊亭脩季の「菊」と豊平川の「水」にちなんで一帯は「菊水」と命名され[3]、豊平川沿いに南から順に「菊水西町」「菊水北町」「菊水上町」「菊水元町」となった[2]。次いで1959年(昭和34年)には残る地域も「菊水南町」と「菊水東町」となった[2]

1973年(昭和48年)、東西南北の町名が廃されて「菊水○条○丁目」という住居表示に変更された[2]

施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 総務省総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課番号企画室 (2014年4月3日). “市外局番の一覧 (PDF)” (日本語). 総務省. p. 1. 2016年5月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 『札幌地名考』p.68
  3. ^ a b 『札幌地名考』p.69

参考文献[編集]