菊池章子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
菊池 章子
出生名 菊池 郁子
生誕 1924年1月28日
出身地 日本の旗 日本東京市下谷
死没 (2002-04-07) 2002年4月7日(満78歳没)
学歴 東洋音楽学校
活動期間 1939年 - 2002年
レーベル コロムビア
テイチク

菊池 章子(きくち あきこ、1924年1月28日 - 2002年4月7日[1])は、東京市(現東京都)出身の歌手である。本名は菊池 郁子。妹は歌手の多摩幸子。義子に大久保直彦、孫にcaminoのKIKUとBREATHのメンバーだった菊池一仁がいる。

経歴[編集]

1924年(大正13年)1月28日、東京市下谷に生まれる。早5歳にして琵琶を弾く。8歳には琵琶教師の免状を得た。

その後、歌謡曲に興味を持ち、九段にあった「大村能章歌謡学院」に入った。日華事変が起こった後は、学院の生徒と共に軍の病院などで慰問活動を行う。女学校の低学年にも関わらず、彼女が唄うと、アンコールの声が鳴り止まなかった。1939年(昭和14年)、テイチクポリドールからの誘いもあったが、恩師大村の勧めもあり、コロムビアのテストを受け、一度でパスし専属になった。デビュー曲は「噯噯噯」であった。しかし、この曲は、検閲により発売禁止という憂き目に合ってしまった。その後は、「相呼ぶ歌」や「愛馬花嫁」がヒット。その中でも、松竹映画『湖畔の別れ』主題歌「湖畔の乙女」は、大ヒットした。

戦後、テイチク移籍後の1947年(昭和22年)には、娼婦に身をやつした女性の心情を歌った「星の流れに」が大ヒット。「こんな女に誰がした」という歌詞は、当時の風俗を象徴しているような内容である。1948年(昭和23年)、作曲家の大久保徳二郎と結婚(1956年に離婚)。その後は「母紅梅の唄」など、いわゆる“母物映画”の主題歌のヒットが続いた。1954年(昭和29年)には、息子が乗っていると信じ、引揚船を待ち続ける母の姿を歌った「岸壁の母」がヒット。1957年(昭和32年)にビクターへ移籍するもヒット曲には恵まれず、歌手業から遠ざかり、渋谷道玄坂でレコード店「キクチ」を経営する。1967年(昭和42年)に復帰し、懐メロ番組などに出演する。

1977年(昭和52年)、ディック・ミネプロデュースによる「沖縄の母」発売。

2000年(平成12年)、勲四等瑞宝章を受章。

2002年(平成14年)4月7日、心不全で死去。78歳没。

略歴[編集]

  • 1927年、畑秀水の門下生となり琵琶を習う
  • 1930年、師範の免許皆伝・菊池錦祠を襲名(6歳)
  • 1937年、コロムビア入社
  • 1939年9月、15歳で歌手デビュー
  • 1945年3月、東洋音楽学校(現 東京音楽大学)卒業
  • 1946年、テイチクレコードに移籍
  • 1951年、第1回NHK紅白歌合戦に初出場。紅白歌合戦には計6回出場している(詳細は下記参照)。
  • 1957年、ビクターレコードに移籍
  • 1965年、テイチクレコードに復帰
  • 1978年、日本レコード大賞特別顕彰賞受賞
  • 1983年、日本演歌大賞功労賞受賞
  • 1987年、厚生大臣より感謝状受賞
  • 1997年、文化庁長官賞受賞
  • 2000年、勲四等瑞宝章受勲
  • 2002年4月7日、心不全により死去。享年78

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 「お嫁に行くなら」(1939年9月)映画『愛の爆風』主題歌
  • 「相呼ぶ歌」(1940年7月5日発売)
  • 「愛馬花嫁」(1940年3月25日発売)映画『暁に祈る』挿入歌(B面)。ミス・コロムビア渡辺はま子と共演
  • 「湖畔の乙女」(1942年11月15日発売)
  • 星の流れに(1947年)大ヒット
  • 「母紅梅の唄」(1949年)
  • 「女は愛に生きるもの」(1949年)共演:ディック・ミネ
  • 「春の舞妓」(1954年)台詞:若尾文子
  • 「真白き富士の嶺」(1954年)
  • 岸壁の母(1954年9月)100万枚以上の大ヒット。1990年11月21日再発。
  • 九段の妻(1967年)
  • 北上夜曲(1961年6月)
  • 沖縄の母(1977年)
  • 憧憬(1979年)
  • 愛の挽歌/母さんの物差し(1980年)
  • 北おんなひとり旅/北の酒歌(1981年)
  • きずな(1985年)
  • 笛吹川情歌(琵琶入り)/ひとり越後路(1988年)
  • 星の流れに(1990年11月21日)
  • 白鷺の湖(1990年12月16日)
  • 昭和の母(1995年6月21日)
  • 星の流れに(2005年12月7日)

ベストアルバム[編集]

  • 歌手生活45周年記念菊池章子女の一生を唄う(1983年)
  • 菊池章子全曲集(1990年10月25日)
  • 菊池章子全曲集(1991年10月25日)
  • 菊池章子全曲集(1992年10月25日)
  • SP盤復刻による懐かしのメロディー(1994年2月21日)
  • 全曲集(1994年11月23日)
  • ベスト(1994年12月1日)
  • 全曲集(1997年6月21日)
  • 菊池章子全曲集~星の流れに~(2000年8月23日)
  • 菊池章子大全集(2001年9月21日)
  • 菊池章子メモリアル全曲集(2003年4月3日)

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]