菊池良生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

菊池 良生(きくち よしお、1948年 - )は、日本ドイツ文学者歴史家明治大学名誉教授[1]

1972年早稲田大学法学部卒。1977年、同大学院文学研究科独文科博士課程中退。桃山学院大学講師、明治大学工学部専任講師、理工学部助教授、教授、日本語教育センター長など歴任。2019年定年退職。専門はオーストリア文学だが、神聖ローマ帝国史について著作を出している。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • ドイツ傭兵の文化史 中世末期のサブカルチャー/非国家組織の生態誌 ラインハルト・バウマン 新評論 2002.10

脚注[編集]

  1. ^ 教育・学術で功績 27氏に「名誉教授」の称号を授与”. 明治大学広報 第729号. 明治大学 (2019年7月1日). 2020年4月3日閲覧。