菊池誠一 (考古学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

菊池誠一(きくち せいいち、1954年12月16日[1] - )は、日本の考古学者、昭和女子大学教授。ヴェトナム考古学専攻。

来歴[編集]

群馬県生まれ。群馬県立高崎高等学校卒業。1983年学習院大学大学院人文科学研究科修士課程修了。群馬県立吉井高等学校教諭。1996年昭和女子大学大学院研究所国際文化研究所所員、2007年昭和女子大人間文化学部教授。2011年国際文化研究所副所長。2014年筑波大学大学院博士課程単位取得退学。博士(学術)。2013年12月ハノイ国家大学学術功労賞受賞。東南アジア考古学会長(2012-2016/3)、日本遺跡学会副会長(2015-現在)、一般社団法人日本考古学協会理事(2016/5-現在)

著書[編集]

  • 『ベトナム日本町の考古学』 高志書院 2003年11月
  • Nghien Cuu Do Thi Co Hoi An (ホイアン古都市の研究) 世界出版社、ハノイ 2010年

共著[編集]

  • 『近世日越交流史 日本町・陶磁器』 桜井清彦共編 柏書房 2002年5月
  • 『海の道と考古学 インドシナ半島から日本へ 』阿部百里子共編 高志書院 2010年11月
  • 『朱印船貿易絵図の研究』 菊池誠一編 思文閣出版 2014年2月
  • 『アジアの戦争遺跡と活用』 菊池実共編 雄山閣 2015年8月
  • 『水中文化遺産』 林田憲三編 勉誠出版 2017年6月

翻訳[編集]

  • 『ベトナムの考古文化』 ハ・ヴァン・タン編著 六興出版 1991年4月 (人類史叢書)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.312

参考[編集]

  • 訳書略歴、J-GLOBAL