菊里町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 中区 > 菊里町
菊里町
菊里町の位置(愛知県内)
菊里町
菊里町
菊里町の位置
菊里町の位置(名古屋市内)
菊里町
菊里町
菊里町の位置
北緯35度9分58.84秒 東経136度55分30.04秒 / 北緯35.1663444度 東経136.9250111度 / 35.1663444; 136.9250111
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
中区
町名制定 1933年昭和8年)7月1日[1]
町名廃止 1977年昭和52年)10月23日[2]
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
市外局番 052
ナンバープレート 名古屋

菊里町(きくざとちょう)は、愛知県名古屋市中区地名1977年昭和52年)、新栄三丁目に編入され、消滅した[2]

地理[編集]

東は千種本町1丁目、西は老松町、南は王子町1丁目・塚越町、北は車道東町に接する[3]

学区[編集]

人口[編集]

国勢調査による人口の推移

1950年(昭和25年) 669人[5]
1955年(昭和30年) 657人[5]
1960年(昭和35年) 683人[6]
1965年(昭和40年) 592人[6]
1970年(昭和45年) 448人[4]
1975年(昭和50年) 398人[4]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

白山神社の祭神が菊理媛命であることに由来するという[7]

沿革[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『昭和31年版 名古屋市統計年鑑』名古屋市総務局企画室統計課、名古屋市、1957年(日本語)。
  • 『昭和41年版 名古屋市統計年鑑』名古屋市総務局企画部統計課、名古屋市、1967年(日本語)。
  • 福岡清彦『中区の町名』名古屋市中区役所、1976年(日本語)。
  • 『昭和51年版 名古屋市統計年鑑』名古屋市総務局統計課、名古屋市、1977年(日本語)。
  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年、463頁(日本語)。ISBN 4-04-001230-5。
  • 『なごやの町名』名古屋市計画局、名古屋市計画局、1992年(日本語)。

関連項目[編集]