菜 (姓)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(さい)は、漢姓の一つ。

中国の姓[編集]

各種表記
繁体字
簡体字
拼音 Cài
注音符号 ㄘㄞˋ
ラテン字 Tsai
広東語発音: Coi3
上海語発音: Tshe3
台湾語白話字 Chhài
テンプレートを表示

著名な人物[編集]

  • 菜謙益 - 農学者。

朝鮮の姓[編集]

チェ
各種表記
ハングル
漢字
発音: チェ
日本語読み: さい
英語表記: Chae,Ch'ae,Chai, Che, Chea
テンプレートを表示

(さい、チェ、: )は、朝鮮人の姓の一つである。

池成竜が壬辰の乱の武功により、菜姓を下賜され、誕生した。彼は蔚珍(青松)池氏の都始祖池瑞竜の兄弟ともいう。

著名な人物[編集]

  • 池成竜-朝鮮の武人。
  • 池有竜-朝鮮の文官。
  • 池彦忠-朝鮮の文官。
  • 池汝忠-朝鮮の文官。

氏族[編集]

氏族(地域) 創始者 割合 (%) (2000年)
英陽菜氏朝鮮語版 菜成竜
晋州菜氏

人口と割合[編集]

英陽菜氏は2000年時点で576世帯1816人がいた。

晋州菜氏は1930年度時点で当時慶尚南道統営邑吉野洞菜淳木1世帯がいた。彼は全羅南道の人物だというが、民籍法施行の際に晋州蔡氏と間違えた物と思われる。2000年時点では483世帯1627人がいた。

出典[編集]

関連項目[編集]