菩提寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

菩提寺(ぼだいじ)とは、代々その寺の宗旨に帰依して、(先祖の)位牌を納めてある寺[1]菩提所とも呼ばれる。ここでいう菩提とは「死後の冥福」を指し、菩提を弔う寺院という意味である。例えば、徳川家寛永寺増上寺が有名。古代中世では一般的に氏寺と呼ばれていた。

香華院(こうげいん)は、仏前にを供える役割を担う寺院のこと。香華寺(こうげじ)や香華所(こうげしょ)とも呼ばれる。陵墓霊廟・墓所などに隣接して置かれる。例えば、皇室の陵墓に隣接する泉涌寺伊達政宗の霊廟「瑞鳳殿」に隣接する瑞鳳寺などがこれにあたる。

檀那寺旦那寺(だんなでら)は、檀信徒(檀家)の布施、すなわち檀那(旦那)によって運営される寺のこと。本来の意味では信徒と寺との経済的関係を示しているに過ぎないが、江戸時代寺請制度によって個人は必ず1つの寺に管理されるようになり、多くの庶民は経済的支援をする寺と先祖の墓を管理してもらうそれが一致する。

寺院名としての菩提寺[編集]

寺号として[注 1]菩提寺を称する寺院がいくつかある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 即ち寺院そのものの固有名詞
  2. ^ 桜井松平家の菩提寺。
  3. ^ 醍醐寺塔頭
  4. ^ 法然が13歳まで修学した。

出典[編集]

  1. ^ 『現代国語例解辞典 二色刷』小学館辞典編集部 編、林巨樹 監修、小学館、2001年1月、第3版、[要ページ番号]ISBN 4-09-501033-9。

参考文献[編集]