華氏119

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
華氏119
Fahrenheit 11/9
監督 マイケル・ムーア
脚本 マイケル・ムーア
製作 マイケル・ムーア
カール・ディール
メーガン・オハラ
製作総指揮 ティア・レッシン
出演者 マイケル・ムーア
ドナルド・トランプ
撮影 ジェイミー・ロイ
ルーク・ガイスビューラー
編集 ダグ・エイベル
パブロ・プロエンザ
配給 アメリカ合衆国の旗 ブライアクリフ・エンターテインメント
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年9月21日
日本の旗 2018年11月2日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 日本の旗 1.1億円[1]
テンプレートを表示

華氏119』(かしいちいちきゅう、原題:Fahrenheit 11/9)は、2018年マイケル・ムーア監督が発表したドナルド・トランプ大統領を題材としたドキュメンタリー映画

第43回トロント国際映画祭ドキュメンタリー部門オープニング作品、第31回東京国際映画祭特別招待作品[2]

概要[編集]

タイトルは2004年に公開されたジョージ・W・ブッシュ政権を批判した映画『華氏911』にちなみ、「119」はドナルド・トランプが第45代大統領が当選を確実とし勝利宣言をした「2016年11月9日」を意味している[3]。トランプ大統領に対する批判を描いていると認識されがちだが、実際はアメリカの特殊な選挙制度や現在の経済状況、トランプを当選させたアメリカ社会に対し鋭く切り込んだ作品となっている[4]

出演[編集]

脚注[編集]