菱川師平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

菱川 師平(ひしかわ もろひら、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

菱川師宣の門人で作画期は元禄の頃とされ、肉筆画を残す。画風は師宣に宮川長春を加味したものと評されている。

作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
春秋遊楽図屏風 紙本着色 六曲一双 出光美術館 元禄前期 画中画に款記「日本繪菱川師平」/朱筆八角印(印文不明) 右隻に上野の花見、左隻に吉原の景を描く。重要美術品
見立芥川図  絹本着色 1幅 36.0x47.3 東京国立博物館 款記「日本絵菱川師平筆」/「菱河」白文方郭円印
床盃図 絹本着色 浮世絵太田記念美術館
草紙洗小町図 絹本着色 浮世絵太田記念美術館
蚊帳の内の酒宴図 絹本着色 ニューオータニ美術館
花見遊楽・吉原風俗図屏風 紙本着色 六曲一双 93.8x242.6(各) ファインバーグ・コレクション 無款/無印 床の間の隠し落款を削除されているが、出光本との類似により師平作と見なせる[1]
欠題肉筆春画絵巻 絹本着色 1巻 大英博物館 款記「日本絵菱川師平」/「菱河」白文円方印 福井利吉郎旧蔵[2]
太神楽図 絹本着色 1幅 ボストン美術館 款記「日本繪菱川師平筆」/「菱河」白文方郭内円印
秋草に亀甲模様衣裳の立美人 絹本着色 1幅

脚注[編集]

  1. ^ 小林忠監修 江戸東京博物館 MIHO MUSEUM 鳥取県立博物館編集 『ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡』 読売新聞社発行、2013年、pp.146-152、p.194-195。
  2. ^ 矢野明子監修・訳 早川聞多 石上阿希訳 『大英博物館 春画』 小学館、2015年9月15日、pp.124-125、ISBN 978-4-096-99874-8。

参考文献[編集]

  • 藤懸静也 『増訂浮世絵』 雄山閣、1946年 ※国立国会図書館デジタルコレクションに本文あり。32頁、52コマ目。
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年
  • 小林忠編 『肉筆浮世絵大観(3) 出光美術館』 講談社、1996年 ※199頁
  • 辻惟雄監修 『ボストン美術館 肉筆浮世絵』(第一巻) 講談社、2002年