萩原広道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

萩原 広道(はぎわら ひろみち、文化12年2月19日1815年3月29日) - 文久3年12月3日1864年1月11日))は、江戸時代末期の歌人・翻訳家・作家・国学者である。号は蒜園(にらぞの)。備前(現・岡山市中区網浜)出身。代表作は、『源氏物語評釈』。

主な作品[編集]

  • 三陽道名所 (1840?)
  • 弖爾乎波係辞弁 (又、て・に・を・は係辞辨、1846)
  • 本教提綱 (又 、本学提綱、1846)
  • 古語訳解 (1848)
  • こころの種 (1850)
  • 源氏物語評釈 (1854-1861)
  • 葦の葉わけ (1863)