萩原康弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
萩原 康弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市神奈川区
生年月日 1947年11月17日(68歳)
身長
体重
176 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1969年 ドラフト3位
初出場 1970年
最終出場 1983年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

萩原 康弘(はぎわら やすひろ、1947年11月17日- )は、神奈川県横浜市神奈川区出身の元プロ野球選手である。ポジションは外野手

来歴・人物[編集]

荏原高校(現・日体荏原高校)では1965年、3年次に一塁手として春の選抜に出場する。2回戦で福島久晃長井繁夫らのいたPL学園に敗退[1]。同年夏の甲子園都予選では準決勝で日大二高に敗れ、甲子園出場を逸した。高校同期に中堅手で後にプロで同僚となる原田治明がいる。

卒業後は中央大学へ進学。東都大学リーグでは一塁手、左翼手として活躍。1967年の春季リーグではエース宮本幸信の好投もあり優勝。直後の全日本大学野球選手権大会でも、決勝で藤原真投手を擁する慶大を破り選手権初優勝を飾る。同年の秋季リーグではベストナイン(外野手)に選出されている。リーグ通算85試合に出場し、250打数68安打、打率.272、1本塁打、24打点を記録した。大学同期に皆川康夫末永正昭、甲子園で対戦した長井繁夫がいた。

1969年秋、ドラフト3位指名で読売ジャイアンツに入団。当時の巨人は高田繁柴田勲末次利光が不動の外野陣を構成していたが、1971年シーズン前半には末次に代り右翼手として起用される。同年は28試合に先発出場を果たすが、打率が上がらず後半は失速し、レギュラーには届かなかった。その後は主に代打や控え外野手として出場した。

1975年12月に小俣進投手との交換トレードで、広島東洋カープに移籍。1976年には31試合に先発し、打率.341の好記録を残す。その後も外野手、一塁手として長く準レギュラーとして活躍。1979年からのリーグ連覇に貢献し、近鉄との日本シリーズにも主に代打として連続出場している。1980年には自己最多の88試合に出場し、同年の日本シリーズでは、第4戦に左翼手として先発起用されるが、あまり活躍の場はなかった。

1982年オフ、カープを戦力外となり、ヤクルトスワローズへ移籍。だが、スワローズでは無安打に終わり、1983年暮れに現役を引退した。

プロでは守備走塁に難があり定位置の獲得には至らなくも、勝負強さを買われ、左の代打の切り札としてよく起用された。特にジャイアンツ在籍時の1973年10月11日後楽園球場での阪神タイガースとの首位攻防戦にて、当時タイガースのエースであった上田二朗から代打逆転3ランを放った(結果は引き分け)事で名を知られた。

引退後は、東京都豊島区目白で喫茶店「HAGI」を経営。またその一方で、マスターズリーグ札幌アンビシャスにも所属している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1970 巨人 42 56 52 3 11 2 0 1 16 5 0 1 1 0 3 1 0 5 0 .212 .255 .308 .562
1971 58 123 107 10 22 2 1 1 29 13 2 1 3 3 10 1 0 16 0 .206 .267 .271 .538
1972 45 58 46 7 10 2 0 2 18 9 1 0 0 1 9 1 2 3 0 .217 .362 .391 .753
1973 38 41 36 4 7 0 0 2 13 4 0 0 1 0 4 0 0 4 0 .194 .275 .361 .636
1974 18 15 13 2 1 1 0 0 2 1 0 1 0 0 2 0 0 4 0 .077 .200 .154 .354
1975 71 68 60 0 14 2 0 0 16 4 0 0 1 0 7 0 0 8 0 .233 .313 .267 .580
1976 広島 63 144 129 16 44 5 3 3 64 17 1 1 1 1 12 0 1 15 1 .341 .399 .496 .895
1977 52 90 79 9 18 5 2 0 27 5 0 0 2 0 9 0 0 5 3 .228 .307 .342 .649
1978 52 56 46 7 16 1 0 1 20 11 0 1 0 0 10 1 0 3 0 .348 .464 .435 .899
1979 72 101 90 13 22 2 1 2 32 15 1 0 1 1 8 0 1 17 2 .244 .310 .356 .666
1980 88 154 124 17 33 2 3 7 62 22 0 0 2 1 27 5 0 15 2 .266 .395 .500 .895
1981 70 106 91 7 15 2 0 1 20 8 0 0 0 2 13 0 0 11 4 .165 .264 .220 .484
1982 28 34 29 1 4 1 0 0 5 0 0 0 0 0 5 0 0 4 0 .138 .265 .172 .437
1983 ヤクルト 10 9 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .000 .111 .000 .111
通算:14年 707 1055 910 96 217 27 10 20 324 114 5 5 12 9 120 9 4 110 12 .238 .327 .356 .683

背番号[編集]

  • 32 (1970年 - 1975年)
  • 28 (1976年 - 1982年)
  • 23 (1983年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]